映画「ソニック・ザ・ムービー」公開時期延期、キャラクターデザイン変更が影響か。なお、今回もしっかりメッセージ仕込む

セガのゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』をもとにした実写映画「ソニック・ザ・ムービー」の監督を務めるJeff Fowler氏は、同映画の公開時期を延期することをTwitterを介して発表した。「ソニック・ザ・ムービー」の海外上映時期は11月と発表されていたが、本日Fowler氏は「ソニックを正しく作るにはもう少し時間がいる」というメッセージと共に2020年2月14日の日付を示す看板の画像を投稿している。先日発表されたデザインの変更が、関係していることを意味しているだろう。

スポンサーリンク

「ソニック・ザ・ムービー」は、昨年満を持して発表されたものの、同作に出てくるソニックは手足や胴が長く人間に近いにデザインされている。原作『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の見た目とは異なるテイストに仕上げられており、批判を受けていた。今月には初めて映像が公開されていたが、前評判の不満を払拭できず、YouTubeのトレイラーは高評価37万に対する低評価66万がつけられていた。また生みの親のひとりであるクリエイター中裕司氏を含め、世界各国の著名人からデザインを危惧する声が強まっていた。それらの声は、次第に決定を下したParamount Picturesへの不信感にもつながっていた。

この事態を受けFowler氏は、映像公開から数日後キャラクターデザインを変更すると発表。ファンの声を聞き、デザインをできるだけ早く修正すると誓った(関連記事)。公開までの半年足らずの時間でどこまで修正できるのか危ぶむ声もあったが、今回の発表により製作における時間の余裕が少し生まれたことになる。キャラクターデザイン発表時から、変更を喜ぶ声と同時に、デザイン変更のあおりを受けるVFXアーティストの体調を心配する声も多かった。これに関しては、#novfxartistswereharmedinthemakingofthismovieなる長文のハッシュタグがつけられている。

分解すると、no vfx artists were harmed in the making of this movie。つまり、延期することで、VFXアーティストたちはこの映画作りの被害を受けないという意味である。VFXアーティストの体調を危ぶむ声に対するアンサーとなる声明だろう。公開当初は足の長さや筋肉の不評を受け、同映画公式Twitterアカウントにて逆にそれを見せつけるような投稿をしていた製作陣(関連記事)。今回の投稿ではそのほか、これまでの映像では確認できなかったソニックのシンボルのひとつである“手袋”が確認できる。ファンの声を聞き原作のデザインに近づけているのは確かだと思われる。ただし一方で、悪意はないかもしれないが、やや皮肉っぽい態度が目立つ部分は相変わらずのようだ。

「ソニック・ザ・ムービー」の日本公開時期もおそらく12月から延期されると思われる。公式による発表を待っておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog