映画版「ソニック」公式アカウント、“ムキムキな脚”に不満を漏らすユーザーを挑発

今月12月11日、セガのビデオゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を映画化する「ソニック・ザ・ムービー(原題:Sonic The Hedgehog)」のイメージポスターが公開された。同映画は、宇宙最速で走るパワーを授かった青いハリネズミのソニックが、警官のトムとバディを組み、宿敵ドクター・エッグマンの恐るべき陰謀に立ち向かうという実写映画だ。

実写向けにアレンジされたソニックのシルエットが映されたこのポスターは、公開されてからまたたく間に注目を集めた。より人間的になった身体、そしてムキムキになった脚。多くの人々が知っているソニックとは、やや異なる姿として登場したのだ。実写映画向けのアレンジに対して、期待をこめた好奇の目を寄せる人々もいるが、原作と異なる姿に対してファンからの強い反発があるのも事実。生みの親の中裕司氏が、その出来を不安視していることは以前報じたとおりである。そうした反響に、脚本家であるPatrick Casey氏は「みんな落ち着け」と反応したのち、「ロックマンのポスターが公開されるのが待ちきれないよ」とコメントするなど混沌を呈している(関連記事)。

とはいえ、この騒ぎもポスターの公開から数日経ったことで、落ち着きつつあった。騒動はある程度収束し、議論は次なる続報の公開まで持ち越されるかと思われた。その話を“蒸し返した”のは、Twitter認証済みの「ソニック・ザ・ムービー」公式アカウントだった。12月18日、「この話、そんなに注目を集めるようなことですか?」という一文をとともに「ワークアウトをしたらだめですか?」というプラカードを持った、ムキムキ脚の青ネズミの画像が投稿された。その下には「また来年」という文言、そして「脚をリスペクトして(RespectTheLegs)」というハッシュタグまでつけられている。このほかにも、ムキムキの脚をからかう投稿をRTして、「脚への不満」に対しなにかしら思うところがある素振りを見せている。当然、キービジュアルに不満を持つ人々の怒りは、この投稿に反応。約3000個のリプライが寄せられており、自ら反発や議論の再燃を招いた形だ。

「ソニック・ザ・ムービー」は来年公開予定で、イメージポスターを披露しただけに過ぎない。作品の可否を判断するのは、時期尚早だろう。しかし一方で、ファンが強い不安を抱いていることも事実。YouTubeチャンネルA+Startの運営者であり、これまで『ソニック』シリーズのファンゲームなども作ってきた熱心なファンであるAndy氏は、とあるメディアが映画版「ソニック」を報じる際に記事の見出しとして使った「ポスターが賛否両論である(Movie poster divides fans)」という一文について憤った。「状況がわかっていない。賛否両論ではないんだ。ファンは満場一致でみんなこのソニックを嫌がっている。賛否両論の賛はないんだよ。」と力強く否定。3000以上のRTを獲得しているように、この意見に賛同するユーザーは多いようだ。

映画版のエグゼクティブ・プロデューサーのティム・ミラー氏は、この造形にしたことについては、現実世界に生態を合わせたことをIGNのインタビューにて示唆していた。大きな決断をしたということもあり、何かしらの信念があるだろう。

一方で、本作の公式Twitterアカウントのように、映画およびシリーズを支えてくれるはずであろうファンの反発を茶化す対応は、ファンからのおちょくりを受け入れる寛容さとユーモラスさを示しているとも捉え得るが、怒りきったファンにとっては、好戦的な態度でもあると捉え得る。いずれにせよ、ムキムキな筋肉の脚だけでなく、事後処理までを含めた制作側の対応は “一方的すぎる”感が否めない。信念があるならば、ファンの声を聞き入れながらも、理解を求めていく方が、より合理的だろう。公式アカウントの態度は、ときとして作品へのイメージを左右するほど重要なだけに、続報が公開されていくにあたって、ファンとどのようなコミュニケーションを図っていくのか、気になるところだ。

「ソニック・ザ・ムービー」は全米向けには2019年11月上映に公開され、日本向けには近日公開時期を発表予定。「ソニック」という全世界に愛されるキャラクターの魅力が、しっかり伝わる映画として上映されることを望みたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog