「プレイステーション クラシック」内蔵ソフトウェア全20本一挙公開。『ペルソナ』や『グラディウス外伝』などアーカイブス外ゲームも登場

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは10月29日、「プレイステーション クラシック」の内蔵ソフト全20本を公開した。すでに『R4 RIDGE RACER TYPE 4』、『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』、『鉄拳3』や『ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル』、『ワイルドアームズ』の5本が先行公開されていたが、一般向け予約開始日の発表にともない、全ソフトが公開された形となる。

・アークザラッド
・アークザラッドⅡ
・ARMORED CORE
・R4 RIDGE RACER TYPE 4
・I.Q Intelligent Qube
・GRADIUS外伝
・XI [sái]
・サガ フロンティア
・Gダライアス
・JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻
・スーパーパズルファイターIIX
・鉄拳3
・闘神伝
・バイオハザード ディレクターズカット
・パラサイト・イヴ
・ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル
・ミスタードリラー
・女神異聞録ペルソナ
・METAL GEAR SOLID
・ワイルドアームズ

スポンサーリンク

『ARMORED CORE』や『サガ フロンティア』、『バイオハザード ディレクターズカット』や『METAL GEAR SOLID』など、多くの人気タイトルが出揃っている。その中でも特に注目したいのは、『女神異聞録ペルソナ』と『GRADIUS外伝』。両作はともに、ゲームアーカイブスで登場していなかったタイトルだ。以前発表された『鉄拳3』を含めて、実機でしか遊べない人気タイトルの収録は、ファンにとっても嬉しいしらせになるだろう。

「プレイステーション クラシック」は、PlayStation Plus加入者を対象にすでに抽選先行予約を受け付けていたが、11月3日よりは一般予約も開始されるという。抽選先行予約の当選者は、10月30日から31日にかけて当選メールを送るとのことなので、心待ちにしておこう。なお余談であるが、これらのラインナップは国内および一部アジア向けの「プレイステーション クラシック」に収録されるタイトル。海外(欧米)向けに関しては、以下の顔ぶれとなる:

・Battle Arena Toshinden
・Cool Boarders 2
・Destruction Derby
・Final Fantasy VII
・Grand Theft Auto
・Intelligent Qube
・Jumping Flash
・Metal Gear Solid
・Mr Driller
・Oddworld: Abe’s Oddysee
・Rayman
・Resident Evil Director’s Cut
・Revelations: Persona
・Ridge Racer Type 4
・Super Puzzle Fighter II Turbo
・Syphon Filter
・Tekken 3
・Tom Clancy’s Rainbow Six
・Twisted Metal
・Wild Arms

一部国内と同様であるが、『Grand Theft Auto』や『Tom Clancy’s Rainbow Six』『Rayman』『Twisted Metal』など海外人気の強いタイトルもこちらには収録されている。それぞれのマーケットのニーズや特性を考えて、内蔵タイトル20本は選ばれたのだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog