レンタルサーバーサービス「ロリポップ︕」にて“簡単にマルチプレイ”できる機能が4月に登場へ。『パルワールド』でマルチプレイを試す無料モニター募集中


GMO ペパボの「ロリポップ︕レンタルサーバー byGMO ペパボ(以下ロリポップ︕)」は2月29日、同サービスの新機能「ロリポップ︕ for Gamers」の無料モニターを募集開始した。無料モニターでは同サービスのサーバーを用いて『パルワールド』のマルチプレイがプレイ可能。『パルワールド』のマルチプレイが可能な18歳以上の個人または法人が対象で、定員は100アカウントとなっている。

『パルワールド』の画像

『パルワールド』は、国内のゲーム開発会社ポケットペアが開発している、モンスター収集オープンワールドサバイバルだ。本作でプレイヤーは、何らかのきっかけからパルたちの生息する島へ漂着。不思議な生き物パルたちをパルスフィアで捕獲し、サバイバル生活を営んでいく。パルたちには戦闘能力に加えて、作業適性が設定されている。パルたちはそれぞれの作業適性に応じて、種まきや採掘といった作業が可能。本作では冒険からサバイバルまで、パルたちを幅広く活用してゲームを進めていくのだ。また本作ではマルチプレイに対応。公式のサーバー以外に、専用サーバーを立てて友達や特定の誰かとプレイすることもできる。

「ロリポップ︕」は、GMO ペパボによるレンタルサーバーサービスだ。2001年頃からサービスが提供されており、現在はWordPressなどに対応したサーバーを月額料金で提供している。プレスリリースによると「ロリポップ︕ for Gamers」は2024年4月に正式版が提供開始予定の、ゲーマーのための新機能とされている。同サービスでは、サーバーの専門知識がなくとも簡単にマルチプレイが始められるそうだ。

レンタルサーバーサービスの中には『マインクラフト』や『ARK: Survival Evolved』など、ゲームのマルチプレイでの利用を想定したサービスも存在。『パルワールド』での利用も想定したサービスも登場している。「ロリポップ︕」からも、ゲームのマルチプレイを簡単に始められることをアピールするサービスとして新機能「ロリポップ︕ for Gamers」が打ち出されるかたちだ。


「ロリポップ︕ for Gamers」では、2月29日から無料モニターの募集が開始されている。定員は100アカウントで、応募期間の終了日は未定。モニターに当選すると3月5日15時から4月上旬までの期間、「ロリポップ︕」のサーバーを利用して『パルワールド』のマルチプレイが体験できるそうだ。また無料モニター向けに、「ロリポップ︕ for Gamers」の公式Discordサーバーがオープン。Discordを通して新機能に関するフィードバックなどが受け付けられるそうだ。なお無料モニター期間中、対応ゲームは『パルワールド』のみとされている。レンタルサーバーを利用したマルチプレイを検討している場合は、この機会に無料で試してみるのもいいだろう。

ロリポップ︕ for Gamers」の『パルワールド』を利用した無料モニターは、2月29日から募集中だ。また同機能の正式版は、有料で2024年4月に提供予定。対応ゲームは順次追加予定となっている。