サッカーゲーム『eFootball 2023』大型アプデにより『eFootball 2024』へ移行。最新選手データ反映、選手の新特性「ブースター」導入やゲームプレイの改善も実施

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

コナミデジタルエンタテインメントは9月8日、サッカーゲーム『eFootball 2023』について、『eFootball 2024』へと移行する大型アップデートを配信開始した。最新の選手データなどが適用されている。本作はPC(Steam/Microsoft Store)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|SおよびiOS/Android向けに、基本プレイ無料にて配信中。

『eFootball 2024』は、『ウイニングイレブン』シリーズからブランドを変更して新たに展開されているサッカーゲームだ。ゲームエンジンも刷新され、モバイル版を含め基本的なゲーム体験が共通化。2022年9月に『eFootball 2022』としてローンチし、『eFootball 2023』そして今回の『eFootball 2024』へとアップデートされた。

今回の大型アップデートでは、欧州サッカーリーグなどで活発におこなわれた夏の移籍市場を反映した、最新の選手データが適用。さらに、選手のもつ新たな特性として「ブースター」が導入された。ブースターをもつ選手は、通常の選手パラメーター上限の99を超えたパフォーマンスを発揮できるようになるという。上限を超えるパラメーターは所持するブースターによって異なるため、これまで以上に選手の個性を活かしたプレーが可能になるとアピールされている。

ブースターについては、特別な効果をもった選手固有のブースターや、チーム全体に影響を与えるブースター、条件を満たしたメンバーを組むことで効果が現れるブースターなど、さまざまなかたちのブースターが登場予定とのこと。メンバーの組み換えや戦術設定にさまざまなバリエーションが生まれ、チームビルディングの奥深さが増すとされた。

また、ブースターをもつ新たな選手が、Epicとして近日登場予定とのこと。アンドリー・シェフチェンコやアレッサンドロ・ネスタ、ロベルト・カルロス、オリヴァー・カーン、そして中田英寿、中村俊輔、川口能活の登場が予告された。


このほかにもユーザーからの意見を参考に、より直感的にプレーできるような改善が実施。試合中のドリブルやディフェンス時の操作レスポンスが上がることで、密集状態からのドリブル突破や浮き球のボールコントロールなどが可能になっているという。一瞬の判断による華麗なプレーによって、リアルサッカーの醍醐味である個人技や仲間との連携精度がさらに高まり、ゴールに繋がるプレーの選択肢が広がったと説明されている。

ちなみに以下に掲載したのは、『eFootball 2022』から『eFootball 2024』までのビジュアル面の進化を収めた比較映像だ。『eFootball 2022』がリリースされた当時には、本作のビジュアルは一定の評価を受けつつも、不自然な点も散見されると指摘されていた。観客のアニメーションは分かりやすい例のひとつで、映像では大型アップデートのたびに改善されていった様子がうかがえる。選手のモデリングもよりリアルになっている。

『eFootball 2022』のローンチ当時には、そうしたビジュアル面のほか、バグや最適化不足などにより不評レビューが殺到。Steamユーザーレビューでは「圧倒的に不評」ステータスとなり、その好評率は当時Steam全体でワースト1位にまで落ち込んだ(関連記事)。その後コナミは、アップデートを重ねながら改善を実施。そして『eFootball 2024』への移行に際しても、さらなる改善が施された格好だ。

eFootball 2024』は、PC(Steam/Microsoft Store)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|SおよびiOS/Android向けに、基本プレイ無料にて配信中。

また、ブースターをもつリオネル・メッシ選手と、彼とクラブやナショナルリーグでプレーした10名の強力な選手がまとめて獲得できる「アンバサダーエディション」(モバイル版、Steam版は「アンバサダーパック」)の販売も開始されている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る