ただ廃墟をうろつくゲーム『EL NE RUE』Steamで1月30日配信へ。水没しつつある廃墟を、気ままにうろつく

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

インディースタジオCrownbirdは12月20日、『EL NE RUE』をSteamに登録したと報告。滞りなく進めば2023年1月30日に配信開始とのこと。価格は120円を予定しているようだ。


『EL NE RUE』の舞台は、水没しつつある廃墟。プレイヤーは、この廃墟に建つ塔に住んでいる魔女の女の子ラムステアを操り、ピクセルアートで表現された美しい廃墟を歩き回ることになる。

Crownbirdは2019年に “ただ歩くだけ“のゲーム『TAKANARIA』をリリースしていた。同作は、明確な目標やストーリーなしに無人島を散策する作品であった。『TAKANARIA』と似通った雰囲気があることから、本作『EL NE RUE』もまた、魅力あるピクセルアートで描かれた世界を存分に探索できる作品であると予想できる。


“ただ歩くだけ“と聞くとなんだか退屈に感じてしまうかもしれない。しかし『TAKANARIA』では、廃墟の各所にはさまざまな場所に繋がる地下道があったり、朝夕夜の時間経過によって景色が変化したり、主人公が反応を示すオブジェクトが設置されていたりと、しっかり「探索する楽しみ」を与えてくれる作りとなっていた。 『EL NE RUE』では、前作『TAKANARIA』にも登場した奇妙な存在である精霊さんを記録していくほんのりとしたコレクション要素もあるようで、“ただ歩く“以上の体験を与えてくれる作品になるだろう。

『EL NE RUE』は、PC(Steam)で2023年1月30日にリリース予定。前作『TAKANARIA』はSteamにて無料配信中。今作『EL NE RUE』に興味を持った方は、発売までに一度遊んでみるといいだろう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

どんなジャンルも遊びますが、アーケードゲームとローグライクが特に好き。中毒性の高い作品を与えると喜びます。