PS4対戦麻雀『つーじゃんせる!!』発表。アークシステムワークス発、ルール超越の美少女対局

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

アークシステムワークスは10月27日、対戦麻雀ゲーム『つーじゃんせる!!』を発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4(ダウンロード専売)で、11月24日発売予定だ。価格は2490円(税込)で、レーティングはCERO C(15才以上対象)となる。

『つーじゃんせる!!』は対戦麻雀ゲームだ。ただし、本作では「自分ルール」を敵に押し付けたり、超能力の活用など、麻雀好きも驚くようなプレイが可能だという。本作の舞台となるのは、麻雀が盛んな学校嶺上学園(みねがみがくえん)だ。プレイヤーは転入生として、同学園にて6人のヒロインたちと出会う。プレイヤーは好みのヒロインとともに、学園のトップを目指すことになる。

本作では、麻雀の基本的なルールに2種類の新要素が加わっているという。そのひとつが「キズナトリック」だ。これはパートナーとの協力テクニックとなっており、専用ポイントを消費することで「自分の手牌とパートナーの手牌との交換」などが可能だという。現実的にはあからさまにイカサマではあるものの、本作ではパートナーとの絆ゆえに可能なテクニックということだろう。


そしてもうひとつの要素が「エクストリームスキル」だ。こちらは麻雀のルールそのものに影響を与え、通常ではありえない和了(あが)り方を可能とする仕組みのようだ。たとえば、鳴いて手牌を揃えたにも関わらず面前扱いにしてしまうスキルが存在。これを利用すれば「鳴き四暗刻」などのエクストリームな役満も可能となり、麻雀の通常ルール基準からするとかなりの無茶も可能となっているようだ。

そして、本作ではオンライン対戦モードも完備。ヒロインとのコンビで挑む2vs2対戦のほか、4人対戦も可能となっているそうだ。4人対戦モードでは全員が特殊スキルをもっている。そのため、点棒が乱れ飛ぶ麻雀アニメのごとき対局が楽しめるとのこと。ほかにも、ヒロインらとの物語を楽しめるストーリーモードや、麻雀の基礎知識を学べるトレーニングモードもあるようだ。


つーじゃんせる!!』はPlayStation 4(ダウンロード専売)向けに、11月24日発売予定だ。価格は2490円(税込)で、レーティングはCERO C(15才以上対象)となる。



※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

貪欲な雑食ゲーマーです。物語性の強いゲームを与えると喜びますが、シューターとハクスラも反復横とびしています。