『あつまれ どうぶつの森』、日本で一番売れたゲームに。しかし全世界Nintendo Switchタイトル売れ行きでは2位

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

任天堂は2月3日、2022年3月期第3四半期 決算説明を実施した。その中で、『あつまれ どうぶつの森』の売り上げが、日本国内だけで1000万本を突破したことを報告。単一タイトルとしては、日本で一番売れたゲームになったことを明らかにした。


『あつまれ どうぶつの森』は、2020年3月に発売されたNintendo Switch向け作品。同作はリリース直後から爆発的人気を獲得し、発売から1年で全世界売上3263万本を販売した。驚異的なペースで売れ行きを伸ばしたが、2021年4月から12月にかけては、さらに500万本売り上げたとのこと。

同作は日本でも好調で、このたび国内累計販売本数が1000万本を超えたと報告された。これは、1985年発売の『スーパーマリオブラザーズ』の記録681万本を超えたものだという。売れ行きペースでいえば、おそらく2021年の早い時期に『スーパーマリオブラザーズ』を超えていたかと推察されるが、今回の決算説明にあわせて、歴代首位を塗り替えたことが正式に報告されたかたちだ。

任天堂 2022年3月期第3四半期 決算説明より(PDF


『あつまれ どうぶつの森』は世界規模で人気。現時点での全世界累計販売本数は3762万本におよぶ。一方で、Nintendo Switchにて世界規模でもっとも売れているタイトルとしては、依然として『マリオカート8 デラックス』が挙げられる。同作は2017年4月に発売されたがいまだに売り上げを伸ばしまくっており、2021年4月から12月にかけて796万本を販売。累計販売本数は4335万本としている。『マリオカート』シリーズは、いずれのフランチャイズでも、発売後しばらく経った後も売れ続ける傾向にあるが、『マリオカート8 デラックス』はNintendo Switchの勢いに相乗したのか、勢いがまったく衰えない。

『あつまれ どうぶつの森』のすごさだけでなく、『マリオカート8 デラックス』の強さも際立つ決算説明になっているだろう。そのほか、Nintendo Switchの累計販売台数が1億台を超えたことなど、さまざまな数字が報告されている。2022年3月期第3四半期 決算説明資料(PDF)を、チェックしてほしい。




※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る