『Fate/EXTRA Record』開発発表。月の聖杯戦争『Fate/EXTRA』がリメイク

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

TYPE-MOON studio BBは7月22日、『Fate/EXTRA』の10周年お祝い動画内で『Fate/EXTRA Record』の開発始動を発表した。冒頭は10周年をお祝いする動画風に始まったのだが、突如画面が荒れると遠坂凛が登場。「もうすぐモラトリアムが終わる。戦いが始まろうとしているの。目を開けて」と告げ、見覚えのある教室で眠る女主人公や間桐シンジ、綺麗になった『Fate/EXTRA』の世界が広がっていた。

『Fate/EXTRA』は、現在TYPE-MOON studio BBを率いている新納一哉氏がプロデューサーを務め、2010年7月22日にPSP向けに発売された対戦型ダンジョンRPG。「Fate」シリーズのサーヴァント、マスター、聖杯といった要素を採用しつつも、既存のTYPE-MOON作品とは異なる世界観を採用。マナの枯渇した世界に存在する霊子で構築された仮想空間セラフを舞台に、遠坂凛や間桐シンジといったウィザードたちが、聖杯をかけて月の聖杯戦争を繰り広げる。『Fate/EXTRA Record』は、『Fate/EXTRA』のリメイク版となる。

本日公開された動画では、綺麗な3Dグラフィックで表現された『Fate/EXTRA』の世界が公開された。敵のサーヴァントやアリーナを徘徊するエネミーを相手に戦う赤いセイバーや、固有結界を詠唱するアーチャー。また、戦闘シーンでは、行動を示すアイコン、HPとAP、複数体の敵と戦っているように見えるシーンも映されており、オリジナルの戦闘とは違ったシステムが採用されているのかもしれない。また、ゲームエンジンにはUnreal Engineが採用されているようだ。


動画の最後には、どこかのオフィスらしき場所から再び遠坂凛が登場。7月22日20時から行われる本作の生放送を告知した。放送内では、監督を務める新納一哉氏が登場し、『Fate/EXTRA Record』の解説を行うという。発表とあわせて、本作のティザーサイトも公開された。ティザーサイトによると、『Fate/EXTRA Record』は、現行機向けの『Fate/EXTRA』リメイクとなるようだ。また、開発スタッフとして原作・シナリオを奈須きのこ氏が担当し、企画・監督を新納一哉氏が務めるなど、オリジナルと同じメンバーが名を連ねている。

『Fate/EXTRA Record』は、TYPE-MOON studio BBにより開発中だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog