ちょっぴり“いけない”セクシーSTG『Waifu アンカバード』Nintendo Switch向けに7月16日発売決定。脱衣の力で美女を魔の手から救え

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

パブリッシャーのEastasiasoft Limitedは7月8日、One-Hand-Free-Studiosが手がけるシューティングゲーム『Waifu アンカバード』を、7月16日に発売すると発表した。対応プラットフォームはNintendo Switch。価格は699円で、7月29日までは20%オフにて購入可能とのこと。


『Waifu アンカバード』は、ちょっぴり“いけない”表現を盛り込みつつ、ライトなストーリーを楽しめるセクシーシューティングゲーム。夢のように魅力的な8人の乙女たちがエイリアンの攻撃に晒されており、彼女たちの衣服が致死性の邪悪なウイルスに汚染されてしまった。そこでプレイヤーは各ステージにて敵を倒しながら、女の子たちが身にまとう汚染された衣服を吹き飛ばしていくのだ。これはあくまで人命救助。彼女たちを救う方法はこれしかない。

ステージでは、UFOに乗ったブタや、リボンをつけたネコ、空飛ぶウ○コ、ガイコツ幽霊など、多数の奇妙な敵が次々に押し寄せ、終盤にはボスも待ち受ける。プレイヤーは、馬面の主人公が乗った戦闘機を操作してエイリアンたちを撃破していく。自機には、ショットのパワーやスピード、オプションやボムの数、移動スピード、ライフ量など、ステータスの異なる複数の戦闘機が用意されており、スピード重視・パワー重視・アドオン兵器重視などといった形で選択すると良いだろう。

ステージの背景には救出対象の女の子が映し出されている。命の危険に晒されている状況ではあるが、弾ける笑顔も見られなによりだ。基本的にゲームプレイに関与してくることはないようだが、上のトレイラーでは、プレイ中に彼女たちの衣服の一部に照準が出現する場面が確認できる。詳細は不明だが、これが脱衣もといウイルス汚染の排除に関係しているのかもしれない。

ボスを倒しステージをクリアすると、次の女の子がいるステージへと向かう。複数の女の子から選択でき、ステージによって難易度が異なるようだ。そして、Waifu=嫁にしたいお気に入りの乙女の心を勝ち取りながら、あくまでライトな物語が展開していく。


本作はやり込み要素が盛り沢山だそうで、ゲームを進めるにつれて新たなコンテンツがアンロック。また、「検閲アンロックシステム」なる要素が存在し、これを限界まで引き上げれば、熟練したプレイヤーにはそれまで以上に“きわどい世界”が見えてくるとのこと。ちなみに本作にはギャラリーモードも用意されており、救出した女の子をじっくり眺めることが可能である。

アンロック要素としては、ほかに「ワンフィンガーモード」も用意される。“便利極まりないモード”であるとだけ説明されており詳細は不明。トレイラーでは、ほかにやることがある人向けと案内しているため、本作のプレイ中に事情により片手が忙しくなったとしても、もう片方の手だけでプレイできるモードということかもしれない。なお、本作はソロだけでなく2人協力プレイも可能。気の許せる親友とプレイすると良いだろう。

Waifu アンカバード』は、Nintendo Switch向けに7月16日発売予定。7月9日から予約販売とあらかじめダウンロードを開始する。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog