『あつまれ どうぶつの森』のデザインを「立体に見せる」ユーザーのアイデアがすごい、とびだせマイデザイン

Image Credit : まや / 任天堂
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

熱意と努力さえ惜しまなければ、いかような意匠も実現する『あつまれ どうぶつの森(以下、あつ森)』のマイデザイン。Tシャツやワンピースなどあらゆる形の衣服に適用できるほか、床や壁に貼り付けることで好みの壁紙やじゅうたんを作ることも可能だ。屋外の地面にも設置できるため、オリジナルの舗装道路を敷くこともできる。まさに無限のクリエイティビティとなっている。そして、、デザイン職人たちのなかではある潮流が生まれつつある。それはすなわち、平面の限界を超えること。2Dのドット絵デザインから、不思議にも立体に見える作品を生み出すデザイナーたちが存在するのだ。ここでは驚きのマイデザイン・トリックアートの世界をご紹介しよう。

 

スポンサーリンク

実用的!お部屋と島の立体コーデ

イラスト制作でも活躍する、まや氏の作品。『あつ森』の家はローン返済が進むにつれ拡張可能だが、その部屋はいずれも平面的な構造だ。ところがまや氏の部屋を見ると、奥に「ロフト」のような空間が存在。独特の奥行きがある部屋に仕上がっている。秘密は階段に見える部分のマイデザインだ。まるでそこに段差があるように見えるデザインを作り、室内に高低差があるかのごときだまし絵を生み出しているのだ。

詳しいデザインレシピを見ると、まや氏のこだわりがうかがえる。単純な塗りつぶしで色分けするのではなく、視認できるぎりぎりのレベルで濃淡がつけられている。これにより板張りの木目感や、段差の角の丸み・光沢が再現され絶妙な実在感を醸し出しているのだ。まさに職人技と呼ぶべき丁寧な仕事。現在、白木風やピンクウッドの段差など部屋の雰囲気で使い分けられる各色を配布中。またリプライからは「土間のように見えるデザインも作ってほしい」との声が上がっており、これに対してまや氏は前向きな返答を寄せている。ますます広がるデザインの幅に期待しよう。

スポンサーリンク

穏やかな陽が降り注ぎ、木々揺らす風を肌で感じるような無人島。この世界にあって「外のテラスでゆったり過ごしたい!」という欲求はプレイヤーのあいだで根強く、バルコニー風の「ウッドデッキ」はマイデザイン界でも定番のテーマとなりつつある。優れたデザインがいくつもあるが、ここでは『とびだせ どうぶつの森』時代からエレガントなデザインを作り続けてきたビビ氏のデッキを紹介。同氏のデザインが抜きん出ているのは細密な板目のディティールだ。アンティーク調の風合いを再現するため、陰影だけでなく塗装のあせた濃淡までを忠実に再現。カフェ風のインテリアやナチュラルオーガニックな家具と合わせれば、コーディネイトがワンランクアップするはずだ。このほかビビ氏は石畳やトレンチコートなど、一味違う大人のデザインを多数発表している。興味があれば数々の作品が展示されたブログを訪ねてみるといいだろう。

 

見果てぬ夢、「立体的な」ボディ

古来より豊満さは繁栄の象徴である。男女問わず、誰しも「たわわ」な身体への憧れを抱いたことはあるだろう(もちろん否とする価値観もあるが)。一方で『どうぶつの森』シリーズの主人公は基本的に幼児体型であり、どれほど3Dグラフィックが進化してもそのボディに凹凸が現れることはなかった。しかしこれだけマイデザインの幅が広がれば、たまにはフェミニンなボディラインを活かした服を作りたくもなるかもしれない。マイデザインを用いて『あつ森』主人公の身体に起伏を生み出そうというチャレンジャーは幾人も見られる。

上にあげたのはTwitterユーザー・ナユタ氏の作品。恋愛シミュレーションゲーム『ドリームクラブ』をモチーフにした衣装だ。原作どおり、胸元が大胆に開けたコスチュームを再現している。バストの谷間はもちろん、膨らみによる布地部分の陰影・きめ細かな肌のつやめきも丁寧に表現。完成度とともに並々ならぬ熱意を感じさせる出来栄えだ。

こちらはファンアート等でも活躍するユーザー・シュアン氏のデザイン。実際に存在するTシャツを『あつ森』に持ちこむことで、かなりリアルな膨らみを実現している。正面向きの画像と横向きの様子を見比べれば、視覚効果がいかに絶大かわかるだろう。かなりバスト強調の効果を得られるデザインだが、それほど過度なセクシャルさを感じさせずシンプルな印象。小物にも合わせやすく、自然にファッションの一部として取り入れやすいアイテムといえるかもしれない。

ドット絵師として活動するあめしぃ氏は、デザイン全般に応用できそうなメソッドを公開している。同氏はマイデザインの仕様上、横方向に胸を拡げることの難しさを指摘。代わりに縦方向へサイズを大きくする手法を試みている。こうすることで、上から見たときに胸部が少し突き出ているように見えるのだ。『あつ森』は基本的にやや上から見た視線で進行するため、ゲームの特性を活かした視覚効果といえよう。コスプレ系マイデザインでグラマラスなキャラクターを再現するときに役立ちそうなTIPSだ。バストが強調されることでウエストが締まって見える効果にも要注目。

 

まさにトリックアート。『あつ森』のだまし絵職人

「平面を3D風に見せる」ことにおいて特に注力しているデザイナーも存在する。Twitterユーザー・かいちょう氏が最初に公開したのは漫画・アニメ「鬼滅の刃」をモチーフとしたデザイン。主人公の竈門炭治郎とその妹・禰豆子がちょこんと座っているかのような可愛らしいイラストだ。まるで立体的な等身大パネルを置いているかのように見えるが、これもだまし絵。平面の絵を通常より縦長に描画することで、下から見たときに浮き上がって見えるという仕組みだ。以降もかいちょう氏は「飛び出す」デザインの作品を発表し続ける。

こちらはかいちょう氏が別アカウントにて発表した作品。ごく平和な村に突如現れたのは、現防衛大臣で衆議院議員・河野太郎氏の顔である。同氏といえば政治の前線で活躍しながら、公式Twitterにおけるユーモアあるつぶやきが話題にもなる存在だ。その硬軟入り混じった発言はたびたびバズツイートとなり、ネット上で親しまれている人物でもある。本デザインはそんな河野議員に対する親愛の情が端を発したものだろう。それにしても白背景に首だけ浮いているせいで『脳を鍛える大人のDS / Nintendo Switchトレーニング』の川島隆太教授に、ちょっとだけ見えなくもない。

かいちょう氏は河野議員のデザインがお気に入りのようで、今月に入ってさらに進化させた作品も投稿している。「浮き出る」だけでなく「凹む」表現も会得しているようで、今後もますます飛び出すであろう同氏の作品から目を離せない。

プレイヤーのアイデアしだいでどこまでも可能性が広がるマイデザインの世界。イースターイベントもひと段落し、腰を落ち着けてマイデザインに取り組もうという島民も出てくるだろう。トリックアートジャンルはまだまだ参入の余地のある印象を受ける。我こそは名を上げようという野心的デザイナーは、衆目を驚かす作品づくりに挑戦してみてはいかがだろうか。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog