3Dワールド生成シミュレーター『FlowScape』Steamで配信開始。リアルで美しい世界が簡単操作で作り出せる

オーストラリアのインディースタジオPixel Forest Gamesは8月15日、Steamにて『FlowScape』の配信を開始した。本作はリアルな3D空間を簡単に生成できる3Dシミュレーター。美麗なハイレゾグラフィックのアセットを自由に配置し、直感的な操作だけで美しい写真のような小風景を作り出せる。

用意されたアセットは、地形だけでも20種類、モデルは300種類以上。シカやウサギのような動物や草木など自然を感じさせるものから、猛々しいドラゴン、ゴシックテイストな城まで多彩なものが用意されている。動植物は自然な形で揺れ動き、リアルな風景を演出している。また、太陽の傾きや雲の形など、自然の細かい部分まで調整が可能で、心行くままに自分だけの箱庭を作り込むことができる。

リアルなグラフィックと裏腹に、操作性を簡潔かつ直感的にまとめているのも本作の特徴。3Dのモデルはペイントソフトのブラシのように配置することができ、サイズや傾きなどの細かい部分もツールバーにスライダーとして表示されているためマウス操作のみで簡単に調整できる。岩や枯葉のようなオブジェクトは地面に降り掛けるように配置され、その挙動は物理演算に基づいてリアルタイムに表現される。

自分だけの風景を作成することができたら、ゲーム内のカメラを使ってその景色をスナップショットに収めよう。最高の一枚を撮影するために必要なツールも揃っており、ライティングやアングルも心ゆくまで調整可能だ。撮影したスクリーンショットは最大8Kの高解像度で出力することができる。実際に、Steamストアページのスクリーンショットからは、雄大な大自然の風景から、険しい岩山に潜むドラゴン、空に浮ぶテラリウムまで、本作で作ることのできるさまざまな美しい風景が見てとれる。また、本作の3Dモデルを外部に出力することはできないようだが、他のツールで作成したモデルを本作にインポートすることはできるようだ。

Steamで配信された本作は、対応プラットフォームはWindowsのみで、価格は1520円。配信直後ながらストアには40件のレビューが並び、そのほとんどが本作に高い評価を与えている。本作の遊び方は人それぞれのようで、癒しを求めてプレイする人もいれば、『Dungeons & Dragons』のようなTRPGのバトルマップを用意するために使っている人もいる。特にTRPGマップ作成ツールとして本作を求める人は多いようで、ゲーム内にもヘックス・スクエアのグリッドを表示するオプションが用意されている。ちなみに、『FlowScape』はインディーゲーム配信サイトItch.toにおいては今年1月にすでに配信を開始していたタイトルで、こちらではSteam版より若干安い10ドルとなっており、またMac/Linux対応版も配信されている模様である。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog