悪夢からの目覚めを目指すパズルアクション『DARQ』日本語対応でSteamにて発売。重力の方向を変え、おぞましい敵から逃れる

アメリカのインディースタジオUnfold Gamesは8月15日、パズルアクションゲーム『DARQ』をSteamにて発売した。価格は2050円で、ゲーム内は日本語表示に対応している。

本作の主人公は、奇妙な世界に迷い込む明晰夢を見る、ロイドという名の少年。彼は眠りながらもそれは夢であると自覚しており、次第に悪夢化していくなか、目を覚まそうと努力するもののできずにいる。彼にできることは、その夢の世界にてなんとか生き延びることのみである。

『DARQ』ではステージクリア制を採用しており、ロイドは部屋で眠りにつくと、幽体離脱するかのようにして悪夢の世界へと旅立つ。ステージは、どこかの建物内や街の交差点、列車内など特定のイメージを表現しており、ステージ内に多数用意されたパズルを解いていくのが目標だ。本作のステージは比較的狭く、また3Dの世界を横スクロールで進む2.5Dスタイルを採用しているものの、ギミックとして奥行きの概念を持たせたり、重力の方向を変える基本システムにより、見た目以上に広く感じられ情報量も多い。

ステージではさまざまなアイテムを入手でき、それを適切な場所で使用して次の展開へと進んでいくのが基本的な流れ。夢の中らしく、既成概念にはとらわれない意外な使い方をするアイテムもある。そのアイテムの入手や使用に際してパズルをこなすことが多く、たとえば複数のスイッチを正しい順に押したり、電気が目的の場所に流れるよう配線を繋いだりといったパズルらしいパズルもあれば、上述した本作のギミックを利用したものも用意されている。

ステージでは特定の壁に接すると、そこが地面になるよう世界をぐるりと90度回転させて進むことができる。また、ステージを奥や手前に90度縦回転させることができるスイッチが設置された場所もある。これにより重力の方向が変わるのは基本的にロイドのみだが、一部のオブジェクトもこの変化に対応して動くことがあり、パズルやアイテムの入手などに活かされている。また、障害物を避けて進むために重力の方向を変えることもあれば、壁や天井がそのまま存在する訳ではなく、まったく異なる雰囲気の場所に繋がっている場合もある。

本作のゲームプレイはパズルが大部分を占めるが、それぞれのステージには敵となるおぞましいキャラクターが必ず存在する。ロイドは戦う術を持っていない一方、ゲームを進めるためには避けては通れないため、物陰に隠れてやり過ごしたり、暗闇に紛れて突破したり、あるいは音を立てないよう慎重に行動するなどの対応が求められる。もし発見されると、瞬く間に殺されてしまう。そうした敵から逃れパズルをすべて解けば、夢からやっと覚めたのかロイドは自室へと戻っている。そしてベッドで眠ると、また次なる悪夢のステージへと誘われていく。

敵はすべて何らかの形で顔を隠している。開発者Wlad Marhulets氏によると、そうした表現やステージのデザインなどにはすべて意味があるそうで、注意深くプレイして探ってほしいと述べる。

『DARQ』の開発元Unfold Gamesは、映画音楽を手がけるWlad Marhulets氏が設立したスタジオで、本作は何人かの手を借りながら同氏を中心に開発された。今回、Marhulets氏はRedditにてファンからの質問に答えており、それによると同氏はこれまでにゲーム開発の経験はなかったそうで、本作ではいちから学びながらモデリングやアニメーションを担当し、ゲームが完成した今もまだ勉強を続けていると述べる。なお本作のサウンドデザインは、CD PROJEKT REDに勤め『サイバーパンク2077』に携わっているBjørn Jacobsen氏が担当している。

また実績のないデベロッパーとして、マーケティングには非常に苦労したという。メディアやゲーマーの注目を集めるには、ゲームの開発を進めクオリティを高めながら、時間をかけて取り組んでいくしかないと述べる。本作においては、長い時間をかけて雪だるま式に注目を高めていくことができたそうだ。開発で忙しくしていても、SNSでの発信を続けることも大事であるとしている。

また『DARQ』のリリースについて、Epic GamesからEpic Gamesストアでの独占販売を持ちかけられていたことも明かしている。同社からの提案を受けた当時、すでに本作のトレイラーにてSteamで販売すると発表しており、また本作のストアページもアップされていた。そこでEpic Gamesストア独占に変更してしまうと発表トレイラーの意味がなくなり、またウィッシュリスト登録してくれた多くのファンをがっかりさせてしまうため、具体的な提案内容を聞く前に丁重に断りを入れたそうだ。Marhulets氏は、Epic Gamesに対して特に悪い感情を持っているわけではなく、ただ本作の状況には合わなかったとしている。

なお、本作はコンソールでの発売も視野に入れているそうで、Marhulets氏は大きな計画があるとコメント。近く発表することになるだろうとしている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog