『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』4月分配信開始。今月の“こっそり枠”は『光神話 パルテナの鏡』三種の神器バージョン

任天堂は4月10日、Nintendo Switch Online加入者向けの特典として提供しているファミコンゲーム集『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』の、2019年4月分の追加タイトル3本を配信開始した。

今月追加されたファミコンゲームは、まずは『スーパーマリオブラザーズ2』だ。『スーパーマリオブラザーズ』の続編として、1986年にディスクシステム用として発売された。本作では1人プレイでもマリオとルイージを選択してプレイ可能で、ルイージはマリオよりも高くジャンプでき、また急には止まれず滑りやすいといった特徴がある。そのほか、取るとミスになる毒キノコや、ステージに吹く風など新たな要素が追加され、全体的に前作よりも高難度の作品となっている。

2本目は、同じく1986年にハドソンから発売された縦スクロール・シューティングゲーム『スターソルジャー』。プレイヤーは戦闘機シーザーのパイロットとして、人工頭脳「スターブレイン」を破壊することを目指す。ステージは全16種類あり、トラップゾーンと呼ばれる地形の裏側に回り込んで敵の攻撃を避ける要素もある。シーザーは、パワーカプセルを取得することで段階的にパワーアップし、ビームを強化したり、バリアを張ることが可能だ。

そして3本目は『パンチアウト!!』。パッケージ画像に「賞品」とあるが、これは任天堂が1987年に開催したゲーム大会の賞品として配布されたバージョンをイメージしているため。のちに製品化され販売された。本作はボクシングをテーマにしたスポーツアクションゲームで、主人公のリトル・マックはチャンピオンを目指し大会に参加。相手のパンチをブロックやスウェーで回避しながら、癖や隙を見抜きパンチを叩き込むのだ。

そして今月も、任天堂の予告なしに登場する恒例の「SPバージョン」のゲームが配信された。それは『光神話 パルテナの鏡』の「三種の神器バージョン」だ。同作は、1986年にディスクシステム用として発売されたアクションゲームで、『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』向けにも今年3月に配信されている。

この「三種の神器バージョン」では、いきなり最終ステージから開始。それまでのボスを倒して入手できる三種の神器(鏡の盾・光の矢・ペガサスの翼)を装備しており、ハートは999個。序盤のシューティングステージを抜ければ、闇の女神メデューサとのバトルに突入する。初見でもクリアするのはそう難しくないはずだ。SPバージョンは、いくつかのパターンに分けられるが、今回は簡単にエンディングを見ることができる内容となっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog