Appleが、ゲーム定額サービスApple Arcadeを発表。坂口博信氏やウィル・ライト氏の新作を含む100を超える意欲作と共にローンチ

Appleは本日3月26日、Apple Arcadeを発表した。Apple Arcadeは、サブスクリプション(定額)型のゲーム提供サービスだ。同定額サービスに加入していれば、多くのゲームをプレイできるという仕組み。対応プラットフォームは、iPhone、iPad、Mac、Apple TV。サービス開始時期は2019年秋。価格については、発表されていない。日本でも公式サイトが用意されており、国内向けにもローンチされそうだ。

同サービスのゲームでは、ゲーム内の広告やアプリ内課金はなし。iPhoneで遊んだゲームの続きをiPadで遊ぶといったプレイにも対応。オフラインプレイも可能で、最大6人までプランを共有できる。

ビデオゲームを扱うサブスクリプションは近年増加の一途をたどっているが、Apple Arcadeは単にそれらを模倣するというわけではなく、革新的なゲームを生み出すデベロッパーとタッグを組み、100以上の新作および独占タイトルを揃えてサービス開始するとのこと。タイトルラインナップとしては、『Florence』などを手がけたAnnapurna Interactive新作多数(『Florence』な開発者新作も発売予定)、FinjiやKlei EntertainmentといったPCゲームで成功を収めた実力スタジオの新作もあり。シャンティシリーズの新作『Shantae 5』もリストに加えられている。

そのほか、ミストウォーカーの坂口博信氏の新作『FANTASIAN』。そして『シムシティ』の生みの親ウィル・ライトも、同サービスでリリース予定の新作を手がけているという(すでに発表済みの『Proxi』と別であるかは不明)。プラチナゲームズやDevolver Digitalなどコアゲームづくりに定評のあるスタジオも参加するという。映像をまじえて発表された、具体的なゲームのラインナップは以下のとおり。

・ATONE: Heart of the Elder Tree
・Beyond a Steel Sky
・Doomsday Vault
・Down in Bermuda
・Enter The Construct
・Frogger in Toy Town
・HitchHiker
・Hot Lava
・Kings of the Castle
・LEGO Brawls
・Lega Arthouse, Cardpocalypse
・Lifelike
・Monomals
・Mr. Turtle
・No Way Home
・Oceanhorn 2: Knights of the Lost Realm
・Overland
・Projection: First Light
・Repair
・Sayonara Wild Hearts
・Shantae 5
・Sneaky Sasquatch
・Sonic Racing
・Spidersaurs
・The Bradwell Conspiracy
・The Pathless
・UFA on Tape: First Contact
・Where Cards Fall
・Winding Worlds
・Yaga

すでにPCなどで高評価を獲得したタイトルや、ヒットしたモバイルゲームの次回作、そして坂口博信氏やウィル・ライト氏など実績十分なクリエイターの新作など、豊富なラインナップを揃えて発売されるApple Arcade。どのような価格で提供されるのかなど、詳細の発表が待たれるところだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog