水槽シム『Biotope』3月29日Steamで配信へ。“ゲーム史上もっともリアルなアクアリウムゲーム”目指す

インディースタジオMBL Developmentは『Biotope』をSteamにて公開し、現地時間3月29日に配信すると発表した。Biotopeとは、生物の生息空間を意味する。水棲生物に生活空間を提供する、アクアリウムシミュレーターである。

スポンサーリンク

『Biotope』はアクアリウムシミュレーターである。フォトリアルなビジュアルと緻密なシミュレーションで没入感をもたらす。プレイヤーは20から500まで任意のリッターを選び、水槽を準備。魚や植物の繁殖を進めていく。プレイヤーは魚たちが快適に生活できるように、さまざまな配慮を施し環境を整えなければならない。自然環境が整えば、繁殖も進むだろう。こうした繁殖を介して利益を生み出し、水槽の運用費にしたり、設備のアップグレードを進めていくわけだ。

本作の特徴は、リアリティにあるそうだ。“ゲーム史上もっともリアルなアクアリウム”を目指すと謳っており、魚や植物の生体を緻密にシミュレートするという。水素イオン指数や水温といった水質。それぞれの魚のストレス値や群行動、交配から繁殖まで再現。各魚の生誕から死までのライフサイクルをしっかりと描くそうだ。そうした魚が暮らしやすい環境を作るのがプレイヤーの役目である。

やるべきこととしては、水槽エディターを用いて環境を構築する。エサをやり、病気になった場合はケアする。魚を幸せな状態にすれば、魚がいきいきとするだけでなく、プレイヤー側にもリワードがあるという。プレイヤーにはレベルの概念が存在し、うまく魚を管理することで経験値がたまっていき、レベルが上がるようだ。レベルを上げれば、新たなコンテンツへとアクセスできるようになる仕組み。一方、ゲーム内には金銭の概念があるので、ひたすら魚に投資することはできない。クエストという形さまざまな依頼を受けることがある。そうした依頼を達成するために、魚の繁殖を進めたり賞を勝ち取ったりし、収入を増やす。より維持費の高い環境を構築して、アクアリウムをどんどん大規模にしていこう。

水槽いじりも充実しているようで、魚を飼う必需品やそのほかアクセサリーも自由に水槽の中に設置可能。アイテムの種類は1000種類以上用意されているようだ。実際のオンラインかゲーム内オンラインかは不明であるが、オンラインで中古アイテムを売買するといった機能もあるという。リアルに描かれる水槽へのこだわりを詰め込もう。

そのほか、モバイルアプリを介してゲーム内の水槽の中を管理するといったシステムも用意されているそうだ。スクリーンショットを見る限り、複数の水槽管理もできそうだ。ゲーム内の時間の進みとしては、ゲーム内時間(スキップ可能)とリアルタイム進行が選択可能。遊び方の幅も非常に広そうだ。魚のデータベース機能なども存在しており、オプションは充実している。

開発を手がけるMBL Developmentは、ドイツを拠点に構えるスタジオで、『Spellforce2』『The Settlers』が『ヒットマン』シリーズに携わってきたベテランが在籍するという。これまでに、ドイツ海軍とともに、軍向けの潜水艦やフリゲート艦のVRシミュレーターゲームを作り上げた実績を持つ。海とリアリティへのこだわりを持つスタジオの、“ゲーム史上もっともリアルなアクアリウムゲーム”の発売が非常に楽しみだ。

『Biotope』は、現地時間3月29日にSteamにて配信予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog