Steamにて、大金をかけアカウントを「レベル4000」に到達させたユーザー現る。カタールの王族であるとの噂

Steamにて、アカウントレベル4000を超えたユーザーが現れたことが、海外コミュニティにて話題となっている。Steamにて活動するSt4ckを名乗るユーザーは、2019年1月18時15時時点で、レベル4035となっている。2位であるMagic氏とは約200レベル離れ、3位のRena氏は約2000レベル離している。昨年8月には一時期Magic氏に追い抜かれていたが、セールなどでトレーディングカードを集めて、再び首位に立ち、4000というマイルストーンに到達している(SteamDB)。

Steamレベルとは、Steamプロフィールの右上に表示されている数字である。レベルを上げる手順を、まずざっくりと説明しよう。Steamにてトレーディングカード対応のゲームを一定時間プレイすることで、カードをドロップ。ドロップだけではカードはコンプリートできないので、カードを購入してタイトルごとのカードを揃え、バッジが完成する。バッジを完成させれば経験値がたまっていき、指定の経験値をためるとレベルがアップするという流れだ。

レベルをアップさせることの特典として、ランダムでドロップされるブースターパックを受け取れる確率が上がること、フレンドの上限が増えること、ショーケースが追加されていくことなどがあげられる。ハードコアユーザーとしてのトレードや投稿における信憑性が上がることも見逃せない。しかしながら、単純に数字が大きいことは人によっては勲章になりえる。

St4ck氏のライブラリにあるゲームは4744本となっており、バッジの保持数は6000以上にも及ぶ。そして前述したように、バッジを作成する上ではカードの購入は不可避。膨大な時間とお金が注がれバッジが作成されたことは想像に難くない。ユーザーがざっくりと計算するだけで、25万ドル(2700万円)以上お金が費やされるとも推測されている(Gearnuke

一体このユーザーは何者なのだろうか。興味深いのは、St4ck氏は「カタールの王族ではないか」という噂が根強く出回っていることだ。氏はInstagramアカウントを所有しており、プライベート公開ながら、そこには獰猛なペットやスーパーカーが並ぶガレージの写真が多数投稿されているという(pcgamesN)。取材にほとんど応じないということもあり、その謎は深まるばかり。その上、さまざまなSteam関連サービスで寄付をおこない、ゲームのコードを配るチャリティコミュニティを運営しているとなれば、実際そうでなくても「王族ではないか」と噂が立つのも無理はない。

Steamレベルを上げただけでなく、上げ“続けている”こともSt4ck氏のすごさ。かつてはPalmDesert氏と競り合ったのち、前述したようにMagic氏に順位を抜かれた過去があるものの、そのまま失速することなく走り続けるそのタフさは天井知らずである。王族説が囁かれるSt4ck氏の挑戦は、いつまで続くのだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog