Steamでの最新情報をまとめてチェックできる「ニュースハブ」実験的機能としてSteamラボにて公開

Valveは3月6日、Steamの実験的機能を試すことができるSteamラボにて、新たに「ニュースハブ」を公開した。Steamクライアント・アプリあるいはWebサイトのストアページからSteamラボにアクセスし、進行中の実験の中の「009 News Hub」を選択すると利用できる。

スポンサーリンク

ニュースハブは、Steamで配信中のタイトルに関するイベントや最新ニュース、その他アクティビティを、ひとつのページでまとめてチェックできる機能だ。現在アクティブなイベントや最新のニュースなどから時系列順に表示され、ページの一番上には今後予定されているイベントなどが配置。リマインダーを設定しておくことができる。

ニュースハブに表示される内容としては、イベント・LIVE-STREAMS・CONTENT UPDATES・リリース・セール・ニュースの6種類があり、任意で個別にON/OFFできる。たとえば、期待の新作のついて開発者による実況配信をチェックしたい場合は、LIVE-STREAMSを選択しておけば良いし、ゲームのアップデートは逐一チェックしないというのであれば、CONTENT UPDATESをOFFにしておく、といった具合だ。

またこれらの情報について、どのゲームのものをニュースハブに表示させるのかも選択可能。具体的には、ライブラリ・ウィッシュリスト・フォロー中・おすすめ・STEAMの5種類のニュースソースがある。すでに保有しているゲームや、今後購入を検討しウィッシュリスト登録しているゲームの情報を受け取りたいなら、ライブラリとウィッシュリストを選択しておく。フォローとは、各ゲームのストアページにておこなうことで、アクティビティフィードにそのタイトルのお知らせを表示させる機能。ニュースハブでは、上述したようにお知らせの種類を選んでチェックすることができる。

スポンサーリンク

おすすめというのは、ユーザーがプレイしているゲームに基づいて、Steam側がオススメするゲームのこと。どのタイトルが表示されるのかは分からないが、次なるお気に入りとなるゲームの情報に出会えるかもしれない。そしてSTEAMは、Steamそのものに関するお知らせ。一般ユーザー向けのSteamブログや、Steamworks開発者向けのSteamworksブログへの投稿があれば、ニュースハブに表示される。

Steamでは、昨年おこなわれたUI刷新により、ユーザーのライブラリページに保有タイトルのお知らせが表示されるようになった。ニュースハブは基本的にはこれに似ているが、より広範なゲームおよびその情報から自由に取捨選択して、ひとつのページでまとめてチェックできる機能だと言える。また、モバイル環境での利用も念頭にデザインされているとのことだ。

ニュースハブは、まだSteamラボで実験中の機能である。ユーザーからのフィードバックなどに基づいて今後改善が重ねられ、正式にSteamに実装されるかどうか判断されることだろう。現時点での予定としては、ニュースハブをカスタマイズするオプションや、さらなるニュースソース、ユーザーにとってもっとも関連のあるイベントがさらに見やすくなる新しい概要ページなどを、今後数週間のうちに追加していく予定だそうだ。興味のある方は試してみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog