『ボーダーランズ3』レイド型ミッション配信&無料体験期間開始。モズのアイアン・ベア、FL4Kのペット、ゼインの強化も

Gearbox Softwareは11月21日、『ボーダーランズ3』にレイド型ミッション「テイクダウン:マリワン社の機密実験を暴け!」を実装するパッチ4の配信を開始した。レジェンダリー装備で揃えたレベル50のヴォルト・ハンター4人によるCo-opが想定された、リスポーン制限ありの高難度コンテンツだ。また同アップデートでは、金庫スペースの拡大、「メイヘム IV」の追加、自動販売機の追加設置、サンクチュアリ III射撃場へのターゲットダミー設置、ヴォルト・ハンターのバランス調整なども適用されている。

またPlayStation 4/Xbox One版『ボーダーランズ3』の無料お試し期間も開始(期間は公式サイト記載)。無料体験中に作成したセーブデータは本編に引き継ぎ可能。日本ストアから参加する場合、レーティングZタイトルである関係上、年齢確認としてクレジットカード決済の手続きが必要となる(税込100円。無料体験期間終了後、購入したアカウントのウォレットに同額が返金される)。さらにPlayStation Store、Epic Gamesストア、Microsoft Storeでは、今週末から12月1日~12月2日まで、33%オフのブラックフライデー・セールが開催される。

スポンサーリンク

「テイクダウン:マリワン社の機密実験を暴け!」はサンクチュアリ IIIにて受注可能なサイドミッション。アクセスするにはゲーム本編のクリアが必須。ソロでの挑戦も可能ではあるが、4人Co-opを想定した高難度のレイド型ミッションとなっている。ミッションの舞台となるのは、小惑星ミッドナイト・ケアンにあるマリワンの研究施設。マリワンが新兵器を開発しているとの情報を入手したローレライより調査の依頼を受けて出撃することになる。

施設を防衛しているマリワン兵は精鋭揃い。属性ダメージを吸収して跳ね返すシールド持ちの兵士や、透明状態になって襲いかかるステルス兵などが登場する。巨大メック「Wotan The Invincible」を含む計3回のボス戦が控えた高難度かつ長めのミッションではあるが、他のコンテンツでは手に入らない戦利品を入手できる。先述したようにリスポーンが制限されており、中盤のボス「Valkyrie Squad」および最終ボス「Wotan The Invincible」撃破後の2回のみリスポーン可能となっている。

メイヘム IV
同アップデートで追加された「メイヘム IV」は、メイヘム・モードの難易度をさらに高めるものであり、マイナス系のメイヘムMOD(モディファイア)が無く、プレイヤー・敵を強化するメイヘムMODがひとつずつ適用される。「メイヘム IV」有効時のみドロップする限定レジェンダリー武器・クラスMODが存在するとのことで、さらなる高みに挑戦したい方は有効化しておこう。

金庫スペース拡大
金庫スペースは最大50から最大300にまで拡大。初期スロット数が10から20に増え、既存の金庫SDUを買い切ったプレイヤーの金庫スペースは100にまで増加している。さらにマーカスから金庫SDUを購入することで、最大300スロットにまで増やせる。かなり快適さが増すだろう。なお金庫やインベントリーのソート機能には「レア度」の選択肢が追加された。

ボス戦用の戦利品プール
各ボスの戦利品プールが更新された。特定のボスから特定のレジェンダリー装備品がドロップするような仕組みにすることで、狙っている戦利品を入手しやすくすることが狙いだ。

自動販売機の追加設置
自動販売機が足りないというユーザーの声を受け、マップ各地に自動販売機が追加された。具体的な設置箇所としては、アテナス、アトラス本社、レクトラ・シティ、ジェイコブス邸、ボレイシャス・キャノピー、テーゼンディア遺跡、パイア・オブ・スターが挙げられている。

ターゲットダミー
サンクチュアリ IIIの射撃場に、ハンサム・ジャック型のターゲットダミーが設置された。これにより装備品を検証しやすくなる。

ヴォルト・ハンターのバランス調整
これまで数々のビルドの弱体化が施されてきた『ボーダーランズ3』であるが、今回はエンドゲームにおいて十分な威力を発揮できていなかったモズのアイアン・ベア、FL4K(フラック)のペット、ゼインのデジクローン/SNTNLを中心とした上方修正が適用されている。

モズ

  • アイアン・ベアの基本ダメージ上昇。レベルごとに上がり、最大レベル時には150%弱の上昇になる
  • 「決死の手段」のダメージボーナスが、モズだけでなくアイアン・ベアにも適用される
  • 「実験兵器」のボーナス効果が、モズだけでなくアイアン・ベアにも適用される
  • 「スコーチングRPM」の効果に、アイアン・ベアのハードポイント・ダメージ増加ボーナスが追加(1ランクにつき5%)
  • 「ヴァンピール」に、アイアン・ベアが範囲ダメージを与えると、当たった敵の数に応じて失ったライフの一部を回復する効果が追加(回復量はモズの半分)
  • 「アイアン・ベア」がバレル缶に近接攻撃すると、缶を遠くにまで飛ばすことができる
  • 「セキュリティ・ベア」によりアイアン・ベアに付与されるバブル・シールドの量が、ライフ最大値の20%から50%に上昇

ゼイン

  • レベル上昇にともなうSNTNLのダメージ増加量が、1レベルごとに2%アップ
  • 「乱闘」「ポケットいっぱいのグレネード」「クール・ハンド」「バイオレント・バイオレンス」「バイオレント・スピード」のボーナスが2回スタックするよう仕様変更
  • 「バイオレント・モメンタム」の射撃ダメージボーナス上昇
  • 「キンキンを召し上がれ」の範囲とダメージボーナスがランクごとに2%上昇
  • 「自信の力」による最大武器ダメージボーナスが20%から35%に上昇
  • 「光のトリック」の効果をショックダメージからクリオダメージに変更。ボーナス量が最大18%から36%に上昇
  • 「バロウド・タイム」の持続時間が、発動中のアクション・スキルひとつにつき最大15%から30%に上昇
  • 「ダブル・バレル」の射撃ダメージボーナスが20%から25%に上昇
  • 「クイック・ブリーザー」に、ゼインがクローンと入れ替わるとクローンのライフが50%回復するという効果が追加
  • 「ポケットいっぱいのグレネード」の効果が2回スタックするようになったかわりに、ボーナス効果が6.5%から5%に低下
  • 「バイオレント・バイオレンス」の効果が2回スタックするようになったかわりに、ボーナス効果が4%から3%に低下

FL4K

  • 「待ち伏せ」発動時にHUDアイコンが表示されるようになった
  • レベル上昇にともなうペットダメージの増加が、1レベルにつき9%から1レベルにつき10.5%に上昇
  • 「無慈悲な狩猟」の効果に、ペットダメージボーナス追加(1ランクにつき7%)
  • 「最も危険な生き物」の効果に、ペットダメージボーナス追加(1ランクにつき9%)
  • 「惑星の追跡者」の効果に、ペットダメージボーナス追加(スタックごとに+1%。1ランクにつき効果1%上昇)
  • 「怒りの攻撃」の効果に、ペットダメージボーナス追加(スタックごとに+0.6%)
  • 「モフモフ・スピード」の効果に、ペットダメージボーナス追加(1ランクにつき10%)
  • 「優しい相棒」によりプレイヤーの蘇生に成功すると、ペットダメージボーナス付与
  • 「串刺しサイコ頭」のペットダメージボーナスが10%から20%に上昇
  • 「群れの戦術」のダメージボーナスが1ランクにつき5%から7%に上昇
  • プレイヤーが自分自身のダメージを与えた際、「メガヴォア」によるクリティカルヒットが発生しないよう調整

そのほかにも無数の不具合修正やUI改善が施されたパッチ4。今後のアップデートでは、メイヘム 2.0、カットシーンのスキップ機能、パフォーマンスと安定性のさらなる改善などが予定されている。なお同作のストーリーミッションDLC第1弾「モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦」は12月20日配信。シーズンパスもしくは『ボーダーランズ3』超デラックス・エディション所有者がアクセスできる(関連記事)。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog