オープンワールド刑事RPG『Disco Elysium』10月15日にSteamで発売へ。退廃した街で自由に暮らしながら大事件を追う

インディースタジオのZA/UMは9月18日、オープンワールドRPG『Disco Elysium』を、Steam/GOG.comにて10月15日に発売すると発表した(日本では10月16日発売)。本作は、もともと『No Truce with the Furies』と呼ばれていた作品だが、2018年に改題されている。

『Disco Elysium』は、退廃した雰囲気のあるRevacholと呼ばれる街を舞台にするオープンワールドRPGだ。プレイヤーはひとりの刑事としてこの街を生き、膨大に用意されたサイドミッションをこなしながら、ひとつの重大な殺人事件を追うことになる。ただし刑事といっても、正義の味方として振る舞うか、卑劣な悪徳警官となるのかはプレイヤーの自由だ。

キャラクター作成には豊富なカスタマイズオプションが用意されており、服装は80種類以上、武器やツールなどは14種類が登場。装備品によって見た目はもちろん各種ステータスも変化する。また、キャラクターの思考を決定するThought Cabinetと呼ばれるシステムもあり、合わせて60種類あるThought(思考)から選択し組み合わせることで、捜査中の事件に対する捉え方に影響を与え、主人公の個性にも変化が現れるという。

スキルシステムでは合わせて24種類のスキルが用意され、レベルアップさせることも可能。たとえば冷静さを保つ「Composure」や、銃撃戦において弾を避けることができる「Reaction Speed」、自身の射撃精度を高める「Hand/Eye Coordination」などのスキルがある。NPCとの会話は多数の選択肢から選びながら進めていき、その中での自身の、あるいは相手の反応はこうしたスキルや思考に影響されるそうだ。本作では生きた世界とリアルな人々を表現しており、ダイアログシステムにおける自由度はかなり高いとのこと。

会話の中の選択肢には台詞だけでなく自身が取る行動もあり、その選択や状況によっては戦闘に発展することもある。本作の戦闘は疑似ターン制となっており、行動するたびにスキルチェックをおこなう。もちろん、何を装備しているかによって攻防両面に大きく影響する。戦闘は事態が沈静化するまで、あるいはプレイヤーが死ぬまで続き、もしこの中で事件の重要人物が死んでしまったら、物語にも影響を与えることになるという。

『Disco Elysium』は60時間以上のボリュームがあるとのこと。ただ事件を追うだけでなく、恋愛をしようと試みたりディスコで踊ってみたりと、Revacholの街での生活も楽しめる作品となっているようだ。膨大なダイアログでゲームを進めるシステムを採用するため、英語のみの対応という点はややハードルが高そうだが、興味のある方は公式サイトにてゲームの詳細をチェックしてみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog