Steamの新ライブラリがベータリリース。これまでの機能を引き継ぎつつ、より便利かつ多彩に

Valveは9月17日、PCゲームプラットフォームSteamにおける、刷新されたライブラリをベータにて導入開始した。「Steam」→「設定」→「アカウント」よりベータ項目を開き、ベータへの参加を選ぶことで新ライブラリがいち早く体験できる。

スポンサーリンク

新たなライブラリは、左サイドにタイトルリストを並べ、右側に選択したゲーム情報が並べられるという従来ライブラリの基本構造は守られつつ、レイアウトにマイナーチェンジが加えられており、より多機能になっている。左サイドのタイトルリストでは、ゲームジャンルやプレイ状況など、多岐にわたるジャンルごとのフィルタリングや使用順での並び替えが利用できる。タイトルをグループ化してコレクションにしたり、インストールされているゲームのみを表示させたり。コレクションについては、ドラッグ・アンド・ドロップで追加できる手軽さも魅力。これまでの機能に新たな要素が追加されており、膨大なライブラリにおいて遊びたいゲームが見つかりやすくなっている。

右サイドではゲームを選べば、そのゲームのわかりやすいイメージをバックグラウンドに、最後のプレイ日やプレイ時間、実績が横並びに表示されるほか、アクティビティやアップデート履歴などがひと目でわかるようになっている。ストアページやコミュニティハブにも、かなり手軽にアクセスしやすくなった印象だ。大きくテコ入れされたというわけではないが、ゲームの画像を背景に透過表示させデザイン性を高めつつ、重要な情報の表示をしている。Big Pictureモードの構造に近くなったといえるかもしれない。

Steamの新ライブラリはベータ版にて利用可能。ベータ期間中も改良を続けるとのことなので、気になる点がある際にはValveにフィードバックをおくってみるといいかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog