春麗のコスプレをしたストリーマー、性的に扇情的であることを理由にTwitchから一時的にBANされる

ストリーマーのquqco氏が、Twitchにて3日間のアカウント使用制限処分を受けたことが議論を呼んでいる。KotakuPC Gamerといったメディアが詳細を伝えている。quqco氏は、お絵かき系のストリーマー。ゲーム実況やパフォーマンスをするわけではなく、カメラで自身を映しながら淡々と絵を描いている。そんな氏が使用制限を受けた理由は、配信が性的に扇情的なコンテンツであったからだという。現在同氏の配信は見ることができない。

9月15日に配信をおこなった氏は、『ストリートファイター』シリーズの春麗の衣装を身にまとっていた。春麗の衣装とは、おなじみの青いチャイナドレスである。太腿を大胆に露わにするなど、下半身が特にセクシーな衣装。春麗のコスプレは非常に人気があり一般的で、さまざまなイベントや配信で目にする衣装でもある。麗しい服装であるが、胸元が大きく開けられているわけでもなければ、太腿の露出は過激という域には達していない。にも関わらず、そんな春麗の衣装を着たquqco氏は、一時的にBANされてしまった。

Image Credit : Twitch

quqco氏は、以前にも『キング・オブ・ファイターズ』の不知火舞のコスプレをしてお絵かき配信することで、BANを受けている(Dexerto)。春麗のコスプレで配信をし再び処分を受けたことに憤っており、「ちゃんと服を着ていたのに!(I’m fully covered!)」とコメント。Twitchの運営方針に疑問を呈している。氏はKotakuに取材に対し、太腿は見えすぎないようにしていて、自分の適したものよりワンサイズ上のドレスを買ったし、スリットは自分の持っているランナーショーツよりも低いと話し、自身が配信向けに配慮をしていたにもかかわらず、一時BANの対象になったことに不満をのぞかせている。

『ストリートファイター』シリーズにおける春麗は、黒のストッキングを着用している。氏はストッキングは履いていなかった。 Image Credit : カプコン

Twitchの性的コンテンツのガイドラインについては、該当ページに記載されているものの、そのライン引きについてはしばしば議論される。乳頭を露出しながら赤ちゃんに授乳する場面を配信した女性配信者が、一時BANされその後処分を解かれるという事件は記憶に新しい(関連記事)。セクシー系の配信者は最近になり増加しており、彼女らが一時的なBANを受けることで、どこまでが性的であるかが議論される。

さらに本件においては、quqco氏は荒らしの集団から目をつけられており、大量の違反報告を受けているとKotakuに語る。愉快犯たちが、氏の配信が性的であるという報告を嫌がらせですることで、一時BANを誘発したのではないか。そう氏は考えているようだ。不知火舞のコスプレ時も同様のケースだったと振り返っている。ガイドラインの問題だけでなく、特定の集団がバイアスのかかった報告をしているという可能性が存在しているわけだ。露出の多いアイドル系のストリーマーは、熱烈なファンも多いがアンチも増えやすい。今回のBANに際してquqco氏は、ハラスメントのシャワーを受けてきたとも嘆いているほか、そうした集団から嫌がらせを受け処分を受けている現状について、強い怒りを表明している。

Twtichは抗議するquqco氏やメディアに対し声明を出しておらず、BANの具体的な理由については不透明なまま。春麗のコスプレは人気の根強い衣装のため、Twitchのような巨大なプラットフォームで「服」自体がガイドライン違反と通告されれば、ほかのユーザーにも大きな影響が生じるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog