未開封の『パルテナの鏡』が海外オークションにて約95万円で落札。30年前のクリスマスプレゼントが起こした奇跡

任天堂が1986年12月に発売したファミリーコンピュータ向けソフト『光神話 パルテナの鏡』。ニンテンドー3DSやNintendo Switchをはじめ、さまざまな任天堂ゲーム機に向けて移植によるダウンロード販売が行われていることや、同作の主人公である「ピット」や「パルテナ」が『スマブラ』シリーズに参戦していることなどから、ご存知の方も多いことと思われる。そんなファミコン版『光神話 パルテナの鏡』がなんと海外のオークションサイトHeritage Auctionsにて、9000ドル(約95万円)で落札されたようだ。海外メディアReno Gazette-Journalなどが報じている。

『光神話 パルテナの鏡』はファミコン向けに発売されたアクションゲーム。プレイヤーは女神パルテナにより解放された少年天使ピットを操作し、闇の女神メデューサに立ち向かう。ギリシャ神話をモチーフにした世界観と高難易度なアクションに加え、ピットのナスビ化や、ゲームオーバーの際に表示される「ヤラレチャッタ」の文字などコミカルな要素が含まれる作品としても有名である。また1987年には『Kid Icarus』というタイトルで海外に向けても発売された。発売されてから30年以上経つ作品だが、今回オークションにて売られたものは“未開封”の『Kid Icarus』である。

スポンサーリンク

『光神話 パルテナの鏡』

未開封の『Kid Icarus』をオークションに売り出した人物はScott Amos氏。氏は米国ネバダ州に住む男性である。先日、母と一緒に、幼少時代に使用していた部屋の整理をしていたという。すると氏は、屋根裏部屋で未開封の『Kid Icarus』を発見。『Kid Icarus』は米国大手百貨店チェーンJ.C.Penneyの30年前のカタログとともにバッグの中に入っていたようだ。しかしAmos氏を含め、家族誰1人として購入したことを覚えていなかったという。しかし残っていた領収書には1988年12月8日と、購入日の記載あり 。そこから家族はAmos氏へのクリスマスプレゼントとして購入したのではないかとの仮説を立てたようだ。また領収書には38.45ドルと値段の記載も。今日のドルに換算すると約80ドルであり、氏は発見した当初、そこまで珍しいものでないと判断したようだ。

その後Amos氏は、2人の専門家にメールで『Kid Icarus』の価値について尋ねたという。すると、そのうちの1人から手紙で「あなたはイースターエッグを持っています」と、『Kid Icarus』の価値の高さを伝える返事が。この手紙を受けた氏は、すぐさま子供の手の届かない場所へ『Kid Icarus』を移動。そしてオークションに9000ドルという値段で売り出したというわけだ。Reno Gazette-JournalのインタビューにてAmos氏は「未開封ということで、もしかしたら数百ドルの価値があるかもしれないと思った」と当時の心境を述べている。

Image Credit: Heritage Auctions

今回『Kid Icarus』が落札されたHeritage Auctionsのビデオゲーム委託責任者であるValarie McLeckie氏は「出どころが明確かつ、未開封の状態のまま“荒野”で見つかることは大変珍しいことであり、歴史的な出来事」と、思わぬところで見つかった未開封の『Kid Icarus』を高く評価している。また、こういった年代物の作品を収集するコレクターの間でも未開封の『Kid Icarus』は10個程度しか存在せず、特に同作は未開封の状態で見つけるのが難しいタイトルだという。ゆえにコレクターにとってかなり価値の高いものになるともMcLeckie氏は述べている。なお、レトロゲームの価値を採点する海外サイトWata Gamesでは10点中8点という評価を得ている。

Image Credit: Heritage Auctions via Reno Gazette-Journal

余談だが『Kid Icarus』が9000ドルで落札される前、Amos氏は「収益は姉と半分にする。そして来月はディズニーワールドでの休暇を予定している」と思わぬ僥倖に嬉しさを隠せない様子であった。落札された今、Amos氏と家族は幸せな思いでいっぱいだろう。天使は忘れ去られたクリスマスプレゼントを再び届けたのかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog