『シェンムー3』PC版はEpic Gamesストア独占配信へ。Kickstarterでは大勢のバッカーからの批判が殺到する状態に

本日6月11日、E3期間中にさまざまなPC向け新作ゲームタイトルの発表およびインタビューが行われる「The PC Gaming Show」にて、『スペースハリアー』や『シェンムー』シリーズの開発に携わってきたゲームクリエイター鈴木裕氏が登壇。氏が手がける『シェンムー3』の新たなトレイラーが公開された。

また、同作がEpic Gamesストア独占配信となることが明らかとなった。 制作資金を募っていたクラウドファンディングサイトKickstarter上でもEpic Gamesストアでの独占配信に決定したとの報告がなされ、同作における対応予定プラットフォームはPS4/PC(Epic Gamesストア)となった。なおDeep Silver側の公式サイトのFAQには、「今後Steamで配信する予定がある」と短く記載されている。
【UPDATE 2019/6/11 18:00】
Steamでの配信予定について追記

『シェンムー』は、武術に長けた才能をもつ主人公の青年「芭月涼(はづき りょう)」が、殺された父親の仇をとるため、謎の男「藍帝(らんてい)」の行方を追うという物語。コマンド入力によるバトルとQTEシステムの採用によりゲームプレイと映像作品をうまく融合。多岐にわたるユニークから世界観作り込みが評価され、「オープンワールドの元祖」と呼称されるほど熱烈な支持を集めてきた。シリーズ3作目となる本作では「Bailu」と呼ばれる村から物語が始まる。そこからホテルや寺院が建つ川沿いの村「Choubu」や「Baisha」といったさまざまな村や街を通じて新たな旅に乗り出すこととなる。

同作は、今日まではPS4/Steam向けにリリースされる予定だった。Steamには『シェンムー3』のストアページが確かに存在する。しかし今回のカンファレンスでEpic Gamesストア独占配信という“突然”の発表が行われる形となった。Kickstarter上で報告された内容には独占配信となった経緯が述べられている。その内容によると、『シェンムー3』はUnreal Engine 4を採用して開発を含め、Epic Gamesからサポートを受けてきており、Deep Silverと協議のもと、PC版をプレイヤーに最も楽しんでもらうベストな配信先としてEpic Gamesストアを選ぶこととなったようだ。

同作は2015年からKickstarterで資金を募りはじめ、またたくまに目標額の200万ドルを達成。最終的に633万ドルもの資金を調達している。これらの資金額をうかがうに、ファンのなかには少なくない資金を投資したものもいることだろう。そのためか、Kickstarterには今回の発表に不満の声を漏らすファンからのコメントが多く寄せられている。バッカーが7万人近くいることを考慮しなければならないが、500人以上のバッカーがコメント欄にて今回の決断を批判するという、異様な雰囲気に包まれている。

先月には、クラウドファンディングで資金を募っていたMobius Digitalが開発する『Outer Wilds』の対応プラットフォームがSteamからEpic Gamesストアへと発売前に変更され、時限独占になるという今回と似たような事態が起こっている(関連記事)。その折にも、支援者から投資する際には約束されていたSteamでのリリースが発売日になされないことに不満を覚える声が寄せられていた。

PCプラットフォームにおける独占は昨今頻繁に話題にあがる。そこにはさまざまな意見が存在するだろう。しかしクラウドファンディングのような出資を名目とした予約販売となると、それこそプラットフォーム独占は期待ではなく約束を違えることになる。今回の報告も含め、クラウドファンディングなどお金が絡む場合は特に、開発者にとって合理的でベストな判断だとしても、それがファンやユーザーに裏切り(約束の反故)になってしまうことになる。抗議するユーザーらに対し、制作側はどのように向き合っていくのだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog