宇宙探索オープンワールド『Outer Wilds』はEpic Gamesストア時限独占。クラウドファンディングのバッカーからは不満の声

インディースタジオMobius Digitalは5月11日、クラウドファンディングプラットフォームFigのバッカー向けアップデートを投稿し、ゲームの完成が近づいていることを告知するとともに、同作のPC版をEpic Gamesストア向けに発売すること明かした。Xbox One版とともに発売するという。そのほかプラットフォーム向けには、その後リリースされるようだ。Epic Gamesストア向けの時限独占ということになるだろう。今回の発表に際しては、「ユーザーの好むプラットフォームにできるだけ早く発売したい」としている。

『Outer Wilds』は、宇宙探索オープンワールドゲームだ。プレイヤーは、進化を続ける太陽系の調査を進める奇妙な企業Outer Wilds Venturesに採用された宇宙飛行士。太陽系にて探索を進める内に、謎のタイムループに閉じ込められてしまう。20分間という限られた時間の中で、宇宙と惑星の謎を解き明かなければならない。遺跡や集落を探索し原住民から情報を聞き出し、タイムループが続く原因を突き止めていく。マップは自動生成ではなく、手作りのオリジナル。広大なエリアを移動できるというわけではないようだが、エリアは時間経過とともに崩壊したり道が開けたりと構造が変化する。取捨選択をしながら、タイムループの謎を解くことになる。なお、Steamストアページにおいては同作は日本語に対応すると表記されている。

Mobius Digitalは、発表当初からSteam(PC/Mac/Linux)向けに発売すると告知。その後スタジオは、パブリッシャーAnnapurna Interactiveと契約し、開発を続けてきた。Annapurna Interactiveは、Epic Gamesストアの時限独占タイトルとして『Ashen』をリリースし、今後も『The Pathless』を時限独占提供する予定であることを明かすなど、Epic Gamesストアへのゲーム供給に熱心な会社のひとつ。同社から発売される『Outer Wilds』は、そうした例に漏れず、Steamを一時的にスキップすることになる。

若干ややこしいのは、Mobius Digitalは開発資金集めにおいてクラウドファンディングプラットフォームFigを利用していたことだ。提供プラットフォームにSteamをあげていたことから、Steamでリリースされないことに不満を述べるバッカーのコメントが、今回の発表ニュースのコメント欄にて散見される。コメント欄に寄せられた声は12件、コメントをするには20ドル以上の出資が必要であることから、少なくないバッカーが不満を持っているとみられる。

なおキャンペーンページの「About」欄には「Steam」と記載されていたものの、ほかのタイトルとは異なり、バッカー向けのリワードとしては「Steamキー」と記載せず「デジタルコピー」と記載していた (Web Archive)。ただし、クラウドファンディングの出資は事前購入に近い形態。発売直前のプラットフォーム変更発表により批判を受けた『メトロ エクソダス』の予約と同じく、クラウドファンディング後のPCゲームの対応プラットフォームの変更は、販売側にとってリスクある選択になるかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog