突如無料配信された脱出ホラーゲーム『One Leaves』は、実はとある依存症の恐ろしさを伝える広告ゲームだった

デベロッパーのWahoo Studiosは3月12日、脱出ホラーゲーム『One Leaves』を米国Xbox One/Windows 10向けにリリースした。価格は無料。本作では、プレイヤーは謎の施設に囚われた4人の若者のうちの一人となり、この場所から逃げることを目指す。しかし、脱出できるのは最初にゴールにたどり着いたひとりだけだという。

本作は1人称視点のシングルプレイゲームとなっており、プレイ中にほかの若者3人と接触することはない。若者たちを監視している人物がいるのか、謎の男がスピーカーからゲームを楽しむように語りかけるなか、男の指示に従い、床を這う赤いケーブルを頼りに進んでいくのだ。操作は、ドアやスイッチなどへのインタラクトと、ダッシュ、ジャンプのみ。最初は学校のような場所から始まり、特定の条件を満たしフラグを立てていくことで病院、下水道へと進んでいく。

敵が襲ってくるわけではないが、いずれのステージも荒廃した様子で、遠くに人影が見えたり、病院の遺体安置所に横たわる遺体袋が動き出したり、あるいはドアがひとりでにバタンバタンと音を立てて開け閉めしていたり、部屋が臓器で埋め尽くされていたりと気味の悪い場所である。また、フラグを立てるまで同じ場所をループしたり、元来た道に戻ってきたと思ったら雰囲気がガラリと変わっていたりすることも。本作は1時間もあればクリアできる短い作品で、特に難しいパズルなどを要求されるわけでもない。とにかく最後の地にたどり着き、最初のひとりであったかどうかを祈るのだ。

ここまでの説明では、『One Leaves』はただの脱出ホラーゲームのように思えるだろう。公式サイトやストアの概要文を見ても、また実際にプレイしてもエンディングを見るまではその認識は変わらないはず。しかし、実は本作はアメリカ食品医薬品局(FDA)タバコ製品センターがスポンサーとなり制作された、「The Real Cost」キャンペーンの一環である。The Real Costとは、若者を対象に喫煙およびベイピングの危険性を伝える広告・教育キャンペーンのこと。本作はいわば禁煙広告ゲームなのだ。

ゲーム内のあるステージには、煙が立ち込めるなかなか抜けられない廊下があり、ここを通る際にはキャラクターが苦しそうに咳き込む。床がタールのようなものでベトベトしたエリアもある。そしてステージ内が臓器で溢れている場面も多々登場するが、よく見ると肺は黒ずんでおり、後から振り返ってみると喫煙に関連する描写が数多く仕込まれていたことに気づく作品となっている。

FDAによると、喫煙をする若者の4人中3人は、タバコをやめられると考えていながら結果的にやめられないのだという。本作『One Leaves』では4人の若者のうち最初にゴールすることを目指すものの、公式サイトの記述では、どれだけ速く走ったかは関係なく、4人のうちの最初の1人になれるかどうかは運次第ということが示唆されている。つまり、タバコをやめられると考える4人のうち実際にやめられた1人になれるのかどうかも、確実なことは何もないというのがFDAが訴えたいことなのかもしれない。
【UPDATE 2019/3/15 8:30】
最初にゴールかできるかに走る速さが関係ないという記述が、公式サイトからの引用であったことを追記。

ゲームを使った広告というと、たとえばトヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」のプロモーションとして制作された『Yaris』や、バーガーキングにて販売された『Sneak King』などがかつてあった。スマホやWebゲームなどを含めればもっとたくさんあるだろうが、特にコンソール向けとしては珍しい存在である。『One Leaves』は、そうした意味でもゲーマーの記憶に残る作品となりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog