極寒都市サバイバルストラテジー『Frostpunk』が日本語公式対応。同ジャンルとしては珍しいフォトモードも実装

ポーランドのゲームスタジオ11 bit studiosは2月6日、『Frostpunk』の対応言語に日本語・韓国語・イタリア語を追加。同アップデート(パッチ1.3.3)では、見下ろし視点のストラテジーゲームとしては珍しいフォトモードが実装されている。こちらのフォトモードは昨年6月に公開されたロードマップに記載されていたものだ。また同作はSteamの旧正月セールにともない、2月12日まで40%オフの1854円で販売中である(Steam)。

※2018年4月に公開されたトレイラー

『Frostpunk』は極寒地にて世界最後の都市を築くサバイバル・ストラテジーゲーム。舞台となるのは蒸気機関が発達した19世紀末イギリス。世界規模の大寒波により文明が崩壊し、残された人々は新たな住処を求めて避難生活を始めた。プレイヤーはロンドンを離れた生存者グループの指導者として、凍てついた大地にて決死の街作りに挑む。

指導者となったプレイヤーは、氷点下の世界にて蒸気発電機に守られた円形都市を築き上げ、法律を制定し、新しい技術を開発し、凍てついた外界に遠征チームを送り出す。生きる希望を失わないためにも、そして明日の光を掴むためにも、常に何かを犠牲にし続けなくてはならないのが『Frostpunk』。過酷なリソースマネジメントの行き着く先は冷酷な監視社会か、祈りの力により団結した信仰共同体か。コミュニティの存亡とモラルを天秤にかける極限のサバイバルがプレイヤーを待っている。

新しく実装されたフォトモードでは、ゲームの進行を一時停止し、ビネットやモノクロ、すすや雪のエフェクト、フレーム加工、『Frostpunk』ロゴ・キャプションの追加を簡単に行える。機能は限られているが、より美しいスクリーンショットを撮れるようになるだろう。なおフォトモード中は通常プレイ時よりも幅広くズームイン/ズームアウトできる。

2018年4月にゲームが発売されてから、これまでに追加されてきたコンテンツとしては、新しいストーリーシナリオ(ウィンターホームの滅亡)のほか、高難度コンテンツであるサバイバーモード、エンドレスモード、住民や自動労働ユニット(オートマトン)の命名オプションなどが挙げられる。エンドレスモードは厳密には「平穏」と「忍耐」という2種類のコンテンツに分かれており、前者はより自由に都市建設を楽しむためのもので、物資が多く天候もゲーム本編ほど険しくない。後者はよりチャレンジグな難易度設定になっており、資源が乏しく、厳しい寒さと頻繁な強風が待っている。何日間生き延びられるのか、自らの限界に挑戦できる。また今回の最新アップデートによりエンドレスモードの天候がランダム化したことで、プレイするたびに新しい展開を味わえるようになった。

『Frostpunk』はSteamの旧正月セールにともない2月12日まで40%オフの1854円で販売されている。日本語に正式対応したこのタイミングで購入を検討してみるのも手だろう。なお今後の予定としては、2月13日に別途、Mac OS向けの販売開始が計画されている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog