フロム・ソフトウェアが『隻狼 Shadow Dies Twice』をPS4/Xbox One/PC向けに発表。アクティビジョンとタッグを組んだ戦国アクション

【UPDATE 2018/6/11 8:45】
アクティビジョンは、本日発売された『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のディレクションを、宮崎英高氏が担当することを発表した。宮崎英高氏は多くの「ソウル」シリーズの指揮をとってきたフロム・ソフトウェアの代表取締役社長だ。そのほか、公式サイトではシナリオの概要などを確認できる。

【原文 2018/6/11 5:42】
フロム・ソフトウェアは現在開催中の「Xbox E3 briefing」にて『隻狼 Shadow Dies Twice』を発表した。発売時期は2019年初頭。対応プラットフォームはPlayStation 4/Xbox One/PC(Steam)。『Call of Duty』などを発売するアクティビジョンとのタッグを組んだタイトルとなる。昨年の「THE GAME AWARDS 2017」にて予告されていた「Shadow Dies Twice」が正式発表された形だ。

「隻腕の狼、戦国に忍ぶ。」とあるように、戦国時代を舞台としたアクションアドベンチャーゲームになるようだ。トレイラーでは、プレイヤーである忍者らしき人物が、巨大な妖怪と激しい戦闘をおこなう姿が確認できる。腕についている、「忍義手」というのがひとつの武器になるようだ。フロム・ソフトウェア社の看板タイトルである「ソウル」シリーズのエッセンスを感じさせながらも、和をテーマとする部分やグラップリングフックを使ったダイナミック移動には『天誅』シリーズの要素も感じさせる。また一度は敵に倒されながらも復活するシーンも映し出されており、「Shadow Dies Twice」はこうした要素に絡んでくるのだろうか。

『隻狼Shadow Dies Twice』は、PlayStation 4/Xbox One/PC向けに、2019年初頭に発売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog