著者 By Kai Ota

Kai Ota

1 投稿 0 コメント
どんなゲームでも、自身の選択によって分岐が生まれる作品が、よりスリルと自由を味わうことができるので好きです。