『あつまれ どうぶつの森』の「全裸バグ」がプレイヤーをざわつかせる。衣服の下にはあんな秘密も

Image Credit : NormalEarthling2 / 任天堂
advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

あつまれ どうぶつの森』にて奇妙なバグが確認されているようだ。先月リリースされた有料DLC「ハッピーホームパラダイス」。無人島から遠く離れたリゾート地で、どうぶつたちの理想の別荘を建てることが可能だ。またゲームを進めることで、病院や学校といった施設を建設することも可能。お部屋のカスタマイズ好きにはたまらない、ボリューミーな内容の追加コンテンツとなっている。

ところがリゾートづくりを進める過程で、奇妙な現象に遭遇するユーザーが増えている。人呼んで「全裸バグ」。その名の通り、どうぶつたちの衣装が消え、住民が裸になってしまうというのだ。発生条件についてはっきりと分かっている説はないものの、「ハッピーホームパラダイス」のカフェでの目撃例が多い。マイデザインを着せていると服が消し飛ぶとの見方が強く、病院建設がトリガーになるとのもあるようだ。

Image Credit : NormalEarthling2 / 任天堂


本作において、とたけけ以外の住民の数多くは衣服を着用している。そのため、服がなくなった状態でボディの観察をできるのは貴重な機会だ。そこで、運よく(?)不具合に遭遇できたユーザーの間では、全裸となったどうぶつの観察が進められているようだ。

こちらは、アヒル住民のカモミが裸になったケース。つぶらな瞳と素朴なカラーが特徴の住民だ。普段はシャツなどを着用しているカモミだが、バグで服が消え、お腹の白い模様があらわに。通常の状態でも下半身が露出していることから、模様の存在自体は知られていたものの、こうして見るとまん丸なお腹が際立つ。ぽっこり感が強調されるためか、衣服を着用しているときよりも幼児体型が強調されているような印象である。これには投稿者も、「裸の赤ちゃん」と表現してはばからず、メロメロの様子だ。


こちらは、バニラとやよいが裸になっているショットだ。注目すべきは、やよいのお腹の部分。一見、全身がワントーンの土器であるかのような彼女だが、実は上半身と下半身で色が分かれているのだ。これはおそらく、衣服着用時のやよいをより自然に見せるための工夫だろう。ワンピースなどを着用している際のやよいは、足下が暗く見え、衣服の影が落ちているように見えるのだ。細かな工夫ではあるものの、普段なら見落としがちなポイントが、全裸バグで明らかになったわけだ。


多くのユーザーを驚かせたのがタコの住民、タコリーナの裸である。普段は比較的丈の長い衣装を着用し、触手を腕や足のように使って生活している彼女。本作では珍しい海産物であるものの、ほかの住民と共存するうえで大きな違和感はない。ところが、洋服をキャストオフしたタコリーナの姿はなかなか衝撃的。頭からつながる触手がシームレスに腕や脚となっている構造があらわになった。よく見ると、触手の裏面に浮き出る吸盤の凹凸も表現。本来のゲームであれば見えないところまで作り込まれているのがわかる。文化的な生活を送る彼女も、れっきとした頭足類であることがわかった。


全裸バグについては以前から報告されているものの、今のところ修正されたとの証言は挙がっていない。とはいえ不具合は不具合。モデル観察の機会として興味深いバグではあるが、普段の生活に違和感を与える不具合として将来的に修正されるだろう。『あつまれ どうぶつの森』向け有料DLC「ハッピーホームパラダイス」は2500円で販売中だ。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る