大手レビューサイトMetacriticのユーザースコアが工作により汚染されていく。『シャープFE』などが“かまってちゃん”により点数操作される

Metacriticユーザーレビューにて、特定のゲームタイトルがレビュー爆撃を受け、スコアが操作されるという事例が相次いでいる。数日前には『幻影異聞録#FE Encore』がユーザースコアを8点台から3点台へと大きく下げ、海外では発売を迎えた『BAYONETTA & VANQUISH』Xbox One版も他機種と比べても不自然にスコアが低い。またインディーアクションゲーム『KUNAI』PC版や、根強い人気を誇るシューター『Insurgency: Sandstorm』も同様に、ここ数日になり著しく点数を落としている。これらはどうやら意図的に操作されたものであるようだ。

 

スポンサーリンク

メタスコアの陰りとユーザースコアの評価

レビュー集積サイトMetacriticでは、メディアのスコアを集めるメタスコアと、ユーザーからのスコアを集めるユーザースコアに分かれている。メタスコアはMetacriticが認めるメディアからスコアを引っ張り出し、加重平均値をとり数字をとっている。一方でユーザースコアは、Metacriticのアカウントを持ち同サイトにレビューを投稿したユーザーのつけた数字を、ユーザースコアとして出している。いわゆる一般的なレビューサイトの手法と同じだ。

メタスコアはメディアが出す数字であることに対して、ユーザースコアはユーザーの声によって形成される。一時期は「各所から集積された評価」として絶対視されていたメタスコアについては、たとえば極端に高い/低い点数を出すと目立ちやすく、そのメディアにアクセス流入しやすい構造があったり、そもそもメディア自体が信頼性を失っている点など、複合的な理由によって必ずしも信じるに値する数字ではなくなったとも評されている。そうした動きに反比例するように、ゲーマーの声が寄せられるユーザースコアを評価する声が高まっていた。しかしながら、ユーザースコアについてもここ最近になりその欠点を露呈しつつある。

 

利用されるユーザースコア

特徴的な事例としてあげられるのが、『AI:ソムニウム ファイル』の低評価爆撃だ。同作はメディア・ユーザーから高い評価を獲得していた。具体的には、Nintendo Switch版はメタスコアが86で、ユーザースコアが8.2(2月4日時点)。しかしながら、2月5日にはユーザースコアは1.9に転落。開発者らは悲しみ、ファンはこのユーザースコアの下落に対抗するように高評価レビューを寄せるなど、コミュニティには事件として捉えられていた(関連記事)。結果としては、このレビュー爆撃の手法を考察していたユーザーが、自らが犯人だと名乗り出る。このユーザーはスパイク・チュンソフト作品のファンだったが、そのファンコミュニティ内でトラブルを抱えていたことを明かしつつ、爆撃した理由については、Metacriticのユーザースコアは簡単な作業によって最高あるいは最低のゲームに仕立てあげることが可能であり、それを証明しようという意図があったと説明している。最終的には、『AI:ソムニウム ファイル』のユーザーレビュー低評価爆撃は削除され、ファンの応援もあり、同作ユーザースコアは荒らされる前よりも高い数字になる結果に。

しかし、この事件は尾を引くことになる。模倣犯が現れたのだ。冒頭に述べたように、ここ数日で『幻影異聞録#FE Encore』『BAYONETTA & VANQUISH』『KUNAI』『Insurgency: Sandstorm』がMetacriticユーザーレビューにて低評価爆撃を受けている。ゲームのグラフィックを貶すものから、意味不明な文字列を並べるもの、挙げ句はアニメ「ポケットモンスター」にナナコが登場しなくなったことについて怒る意味不明なものまでさまざま。こうした工作は同一犯によるもののようだ。模倣犯の正体は、RedditユーザーAlwaysAdam569である。

「ポケットモンスター」のナナコ(Casey) Image Credit : Fandom / 株式会社ポケモン

 

注目を集めたい模倣犯

ユーザーAlwaysAdam569は、Redditにて『Insurgency: Sandstorm』がレビュー爆撃を受けている、『KUNAI』が爆撃を受けている、といったスレッドを立て呼びかけている。悲しむというよりも、どこか落ち着かなさげで嬉しそうにするこのユーザーこそが、今回の犯人である。スレッドを立てた当初は他ユーザーに、このレビュー爆撃をどのように思うかを聞くなどちょっかいを出していたが、次第に我慢できなくなってきたのか、荒らし(Troll)たのは自分であると自白しだしたのだ。

Redditにて、『幻影異聞録#FE Encore』『Insurgency: Sandstorm』『KUNAI』のレビューが爆撃を受けている報告スレッドを“自分自身”で立てた同氏は、自分が『Insurgency: Sandstorm』『KUNAI』『幻影異聞録#FE Encore』のレビュースコア荒らしをしていた張本人であると告白。大量のメールアドレスを作り出し、ユーザーレビューを投じた「エリート荒らし」を自称し始めた。そうした行為をした理由について問われた際には、このゲームにはCasey(前出したポケモンアニメのナナコの英語名)という名前のキャラがいないからだと支離滅裂に回答。ナナコがいないから荒らしをするなど幼稚だとコメントされた際には怒り狂い、今度は『Need For Speed: Most Wanted』のレビューを荒らしてやると公言するなど、稚拙な言動を繰り返している。別スレッドでは、氏は自身が30歳であるとコメントしていた。

同氏は同様の手口を繰り返し、今度は前述の『AI:ソムニウム ファイル』に再びレビュー爆撃。さらに、海外では発売したての『BAYONETTA & VANQUISH』にレビュー爆撃をおこないスコアを下げ、Redditで素知らぬ顔で「『BAYONETTA & VANQUISH』がレビュー爆撃を受けている」と懲りずスレッドを立てている。また同スレッドでは犯行を自白した後に「自分のしたことにもっと注目が集まってほしい」ともこぼす。もちろん、いずれの書き込みも他ユーザーからは強烈なDownvoteを食らっている。

Image Credit : Reddit

 

被害者はクリエイター

AlwaysAdam569は、疑う余地のなく“かまってちゃん”である。低評価レビュー爆撃を繰り返し、その爆撃を報告することによって、Redditにて注目を集めようとしている。その言動には疾患じみた部分も感じさせるが、Metacriticを閲覧するユーザーはそんな背景を知るよしもない。愉快犯によって操作されたスコアを見て、「ユーザーからの評価が低い作品」と解釈してしまいかねないのだ。Metacriticはユーザースコアも含めて比較的威信のあるサイトで、ゲームを購入する際に参照するユーザーも多い。そんなサイトにて、自分の作品が“ひとりの自己顕示欲”のために評価が汚される。魂を込めてゲームを作るクリエイターたちの心境を考えると、なんともいたたまれない。

こうした犯行はAlwaysAdam569によるもので、このユーザーこそが諸悪の根源であるが、一方でMetacriticのユーザーレビューシステムが問題を抱えていることも露呈された。以前よりその構造が疑問視されており、『アストラルチェイン』や『デス・ストランディング』もその被害にあっていたが、いよいよ問題は深刻になりつつある。今回のユーザーが取り締まられたとしても、さらなる模倣犯が生まれる可能性は十分にありえる。もしMetacriticがユーザースコアを人々にとって信頼足り得るものにしたいと思っているのであれば、仕様変更が急務になるだろう。

弊誌はMetacriticに対して、今回の件にあげユーザーレビューシステムに対する姿勢、および愉快犯からの対策の検討について質問している。回答があり次第、本稿に追記する予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog