『無双OROCHI3 Ultimate』PS4/Switch/Steam向けに発表。12月発売の『無双OROCHI3』のアップグレード版

コーエーテクモゲームスは8月29日、同社の開発チームω-Forceの新作として『無双OROCHI3 Ultimate』を発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4/Nintendo Switch/Steam。発売時期は、2019年12月(Steam版のみ2020年2月)。本作は、8月26日に「神の力、再び―――」というキャッチコピーと共にティザーサイトが公開されていた作品。

『無双OROCHI3』に新規参戦キャラクターや拡張されたシステムなど、新要素を収録して遊びやすくしたアップグレード版だ。単品で動作するスタンドアローン版は、税別7800円。すでに『無双OROCHI3』を所持している方向けの『無双OROCHI3 Ultimate アップグレードパック』は、税別4800円。また、それぞれ+1000円の価格で、衣装やBGM、経験値などを収録したDeluxe Edhitionも販売される。

『無双OROCHI3』は、『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズ双方のキャラクターたちが一堂に会する『無双OROCHI』シリーズの最新作。『真・三國無双』『戦国無双』のキャラクターだけでなく、ギリシア神話を原典に持つゼウスやペルセウスなどオリジナルのキャラクターも登場しており、参戦キャラクター数は170名。無双シリーズらしいアクションはそのままに、神々の力を宿し、装備することで神術と呼ばれる技が発動可能になる「神器」や、キャラクターが神の力をその身に宿す「神格化」などの新要素も搭載して、2018年9月に発売された。

『無双OROCHI3 Ultimate』では、新たな参戦キャラクターが登場する。オリュンポスの地母神で、原初の時代に多数の大地を生み出し、その代償として肉体を喪失した「ガイア」。フランス百年戦争の英雄にして、救国の少女「ジャンヌ・ダルク」。現在公開されているのはこの2名だが、公式サイトを見ると他にも追加キャラクターが登場するようだ。

また、『無双OROCHI3』本編で語られたストーリーとは異なる、世界の真実に迫っていくもう一つのストーリーとエンディング、物語を補完するサブストーリーが新たに追加。新モードとしてやりこみ用の「インフィニットモード」、強化システム「転生」、キャラクターごとに固定されていた「神器」が付け替え可能になり、新しいコンボも搭載されることで遊びの幅が拡大。UIも新しいものに入れ替えられており、便利な新機能が追加されることで、快適なゲームプレイが実現されているそうだ。

なお、すでに予約が始まっており、初回特典やプレオーダー期間にダウンロード版を購入した方向けの特典、Amazonなど一部店舗でのダウンロードコンテンツ特典などが、公式サイトで公開されている。購入予定の方は、これらに目を通してみると良いだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog