SIEのPS4タイトル10本が、どどんと新価格で登場。『Marvel’s Spider-Man』や『ワンダと巨像』など

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2月28日、国内PS4向け「Value Selection(バリューセレクション)」に10タイトルを追加したことを発表した。2019年3月20日と3月28日、4月11日の3度に分けてさまざまなタイトルが新価格で登場する。

■ラインナップ 追加タイトル一覧

<第一弾 2019年3月20日(水)発売>

『Marvel’s Spider-Man Value Selection』
Blur-ray Disc:3,900円+税
ダウンロード版:4,212円(税込)

<第二弾 2019年3月28日(木)発売>

『RIGS Machine Combat League Value Selection』
Blur-ray Disc:1,990円+税
ダウンロード版:2,149円(税込)

『Farpoint Value Selection』
Blur-ray Disc:1,990円+税
ダウンロード版:2,149円(税込)

『V!勇者のくせになまいきだR Value Selection』
Blur-ray Disc:2,900円+税
ダウンロード版:3,132円(税込)

『Bravo Team Value Selection』
Blur-ray Disc:2,900円+税
ダウンロード版:3,132円(税込)

『Firewall Zero Hour Value Selection』
Blur-ray Disc:2,900円+税
ダウンロード版:3,132円(税込)

『The Inpatient –闇の病棟- Value Selection』
※ダウンロード版専売
2,149円(税込)

『Wipeout Omega Collection Value Selection』
※ダウンロード版専売
2,149円(税込)

<第三弾 2019年4月11日(木)発売>

『アンチャーテッド古代神の秘宝 Value Selection』
Blur-ray Disc:2,900円+税
ダウンロード版:3,132円(税込)

『ワンダと巨像Value Selection』
Blur-ray Disc:2,900円+税
ダウンロード版:3,132円(税込)

特に注目したいのは、『Marvel’s Spider-Man』と『ワンダと巨像』だろうか。『Marvel’s Spider-Man』は大ヒットを記録し、昨年のホリデーにおけるPlayStation 4ハードウェアのセールスを押し上げたタイトル。そして『ワンダと巨像』は往年の傑作をPlayStation 4向けに再構築したリメイク作品だ。前者は4000円強、後者は3000円強で販売されるということで、未プレイの方ならちょうどいい機会になりそうだ。

もちろん、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の追加エピソードである『アンチャーテッド古代神の秘宝』や、VRタイトル7本も見逃せない。春休みを迎える学生らは、ぜひ安価になったSIEタイトルを遊んでみるといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog