高い評価を獲得した鳥ADV『AER Memories of Old』開発元が閉鎖へ。弔いとして開発中のプロトタイプ2作品を無料配布

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スウェーデンに拠点を置くインディースタジオForgotten Keyは1月15日、スタジオを閉鎖する準備を進めていることを明らかにした。同スタジオは、空に浮かぶ島々に生きる天空の住人として、人の姿から鳥に変身して冒険するオープンワールド・アドベンチャーゲーム『AER Memories of Old』の開発元として知られる(関連記事)。

Forgotten Keyの代表Robin Hjelte氏は、同スタジオを設立してから7年の間にスタッフは4人から14人に増え、ここ数年は『AER Memories of Old』を完成させ、そして移植やパッチ配信に取り組んできたと振り返る。同作は、2017年にSteamおよび海外PS4/Xbox One向けにリリースされ、PS4版はのちに国内でも発売された。この時期は、こうした作業を続けながら次なる作品についても取り組んでいたそうで、市場の動向にフィットし、またスタジオの成長を維持していく方法を模索していたという。ただ、そういった努力はいくつか実を結ぶこともあったものの持続はできず、最終的に失敗に終わってしまったと述べる。

Hjelte氏は、スタジオ閉鎖につながった具体的な理由については語っていない。ただ、有能な人材を揃え、『AER Memories of Old』ではアワードも受賞したスタジオでありながら、その新作のアイデアに対して出資しようと言ってくれるパートナーをなぜ見つけられなかったのだろうかと自問自答していたと述べており、スタジオを維持するための自己資金が尽きてしまったようだ。出資者を見つけられなかったことについては、市場の変化や優先順位を決める際の判断ミス、また創造性やアートにてビジネスをおこなうことに内在する問題が原因だったかもしれないと振り返っている。そしてHjelte氏は、これまでサポートしてくれたファンに感謝の言葉を述べている。

今回のスタジオ閉鎖発表に合わせて、Forgotten Keyはこれまで開発を続けていたプロトタイプ2作品を、デモとしてitch.ioにて無料配布している。ひとつ目は『Vind』と呼ばれる作品で、『AER Memories of Old』を進化させることを目指し、新たな世界や物語を構築しているという。空に浮かぶ島々を舞台に、鳥に変身して大空を駆け巡るというスタイルは同作と変わらないが、続編というわけではないそうだ。より洗練されたグラフィックがまず目を引き、ゲーム内容としても島々の探索やパズル要素のあるクエストだけではなく、資源を集めてクラフトや料理をおこなう要素が導入され、また天空に暮らす住民や動物とのコミュニケーションも多く取り入れるなど、まさに『AER Memories of Old』の進化形と言える作品となったであろうことがうかがえる。

もうひとつのプロトタイプは、ミステリアスな地下世界を女の子が探索する『Down the Well』。女の子はMidwinterと呼ばれる領域を目指しとある森に入ったところ、管理者なる謎の人物に出会い、Midwinterについて教える代わりに、この森に火をつけた悪魔についてその証明となるものを探すよう頼まれる。この作品でもクラフト要素が導入され、森で入手した素材をもとに特定の扉に対応した鍵や、ロープやグラップリングフックといった装備を作成して探索を進める。敵などは登場せず、神秘的な森やその下層部を探索して物語を進める作品となっている。

Forgotten Keyは、これらのプロトタイプをもってパブリッシャーや投資家にプレゼンをおこなったが、興味を示した出資者は現れなかったようだ。残念ながらスタジオは閉鎖してしまうが、同スタジオは両プロジェクトの将来について現時点では不透明とコメントしており、いつか何らかの形で陽の目を見ることを望みたい。なお『AER Memories of Old』については、今後も各プラットフォームにて販売を継続できるよう全力を尽くしていくとのことだ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る