ハクスラ・アクションRPG『レミロア~少女と異世界と魔導書~』PS4/Nintendo Switch向けに3月28日に発売決定

Pikii合同会社は本日12月26日、『レミロア~少女と異世界と魔導書~』を2019年3月28日に発売すると発表した。対応プラットフォームは、PlayStation 4/Nintendo Switch。価格はパッケージ版が税別4000円、ダウンロード版が税別3800円。海外版の発売日は2月26日ということで、国内版は1か月遅れのリリースとなる。なお、Steam版および海外Xbox One版は同じく2月末発売となる。

『レミロア~少女と異世界と魔導書~』は、「ハックアンドスラッシュローグライトゲーム」である。主人公となるのは女子高生のレミ。図書館で目玉のついた言葉を話す本のロアを発見したのち、自然と魔法と機械が共存する、異世界ラグノアへと飛ばされてしまう。襲い来る機械を倒しながら、元の世界に戻るためのレミの冒険が始まる。

ハックアンドスラッシュローグライトゲームと公称されるように、ハックアンドスラッシュとローグライトを組み合わせたアクションRPGとなるようだ。本作に登場する武器の種類は200種類以上。武器の種類毎に攻撃パターンやスキルが変化する。敵を倒し、こうした異なる性能を持つ武器を見つけ、レミを強化していく。こうした要素が、ハックアンドスラッシュにあたるだろう。また本作では、ステージマップの構造、敵やアイテムの配置・数などはゲームを始める度にランダムで作成される。このような要素を、ローグライトとしているようだ。2人プレイにも対応する。

ハクスラ型のRPGとしては、かなりアクション寄りのデザインとなっており、トレイラーではハイテンポに敵をなぎ倒していくレミたちの姿が確認できる。コンボシステムなども導入されており、ゲームスピードは比較的速そうだ。操作は、移動と4ボタンを用いるシンプルなものとなっているほか、ステージは四季の異なる4ステージが用意されるという。レミの声優は南雲希美さん、ロアの声優は野田てつろうさん、シューの声優は景山梨彩さんが担当するといい、こうしたキャラクターのかけ声なども本作のアクションを盛り上げるだろう。

韓国のPixellore Inc.と REMIMORYが共同で開発してきた『レミロア~少女と異世界と魔導書~』。アニメスタイルのグラフィックで描かれるキュートなアクションRPGが、いよいよ2019年春先に発売されることになる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog