Nintendo Switch向け『塊魂アンコール』体験版配信開始。初代『塊魂』のグラフィックをリメイクする作品

バンダイナムコエンターテインメントは本日11月22日、『塊魂アンコール』の体験版をNintendo Switch向けに配信開始した。ファイル容量は、837MBとなる。『塊魂アンコール』は、2004年に発売された初代『塊魂』をベースとした作品。グラフィックは、すべて現代風にリメイクしているという(eショップストア説明より)。PC(Steam)向けに12月7日、Nintendo Switch向けには12月20日発売予定。今回は、Nintendo Switch向けの体験版が配信された形だ。

スポンサーリンク

『塊魂』では、プレイヤーは「王子」となり、塊を動かしていく。塊には、その塊のサイズにあったあらゆるものがくっついていく。ものがくっついた塊は徐々に大きくなっていき、より大きなものが巻き込まれるようになる。将棋や消しゴムなど小さな物しか巻き込めなかった塊は、次第に机や椅子、さらには建物を巻き込んでいく。塊を大きくし続け、最終的には夜空に輝くきれいな星として浮かべるのだ。体験版ではイエの中で塊を転がし、10cm以上にすることを目指す。ゲームのシステムが理解でき、その楽しさの一端が味わえる体験版になっているだろう。

Nintendo Switch版では、PS2版の操作が楽しめる「イツモノ操作」、PS Vita版の操作が楽しめる「カンタン操作」、Nintendo Switch版ならではの操作が楽しめる「コダワリ操作」が用意されている。「コダワリ操作」では、ジャイロ操作で塊を転がすことができるほか、Joy-Conをシェイクすると王子ダッシュが発動。おすそわけプレイによる2人戦も可能。画面分割で、どちらが大きな塊を作れるかを競うことができる。HD振動にも対応しており、巻き込み体験に新たな感覚がプラスされている。

『塊魂アンコール』は、PC(Steam)向けには12月7日、Nintendo Switch向けには12月20日に発売予定。すでにニンテンドーeショップではあらかじめダウンロードの受付が始まっている。ダウンロード版の価格は税込3456円。Nintendo Switch向けパッケージ版早期特典としては、同作の生みの親の高橋慶太氏描き下ろしのシールが同梱されるという。『塊魂』を遊んだことがある方もそうでない方も、今一度物を巻き込む快感を味わってみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog