Epic Gamesストアにて水中ADV『ABZÛ』と死にアクション『The End is Nigh』が期間限定で無料配布中

Epic Gamesストアにて、PC版『ABZÛ』と『The End is Nigh』の配信が開始された。配布期間は9月12日まで。癒やし系海洋アドベンチャーゲームと、屍を築き進んでいく『The End is Nigh』という対照的な人気作品が期間限定で無料配布される。

『ABZÛ』は『風ノ旅ビト』、『Flowery』のアートディレクターが手がける、色鮮やかな水中世界を探索するダイビングアドベンチャーゲーム。「AB」は水を、「ZÛ」は知識を意味し、 「ABZÛ」は知恵の海という意味になる。海の色彩と生命を描くことにあふれんばかりの情熱が込められている。何百種類もの魚介類を発見し、ゆらゆらとたわむれながら、謎の遺跡が眠る海の底へと潜っていく。見て美しい、触れて心地よい、どこまでも心やすらぐアーティスティックな作品である。

『The End is Nigh』は、インディーデベロッパーのEdmund McMillen氏とTyler Glaiel氏が手がける2Dアクション・アドベンチャーゲーム。McMillen氏といえば、Team Meatとして『Super Meat Boy』を手がけたことで知られるが、『The End is Nigh』のゲームプレイは同作に似ており、さまざまな即死トラップが配されたステージを、ジャンプアクションを駆使して突破して先へ先へと進んでいく。壁の突起や縁に掴まることができ、さらに上へ登ったり反対側へ飛び移ったりできる。ほんの僅かな操作ミスが命取りになり、何度も何度も死にながらクリアしていくタイプのゲームだ。

なお次回の無料配布タイトルは、『Conarium』。ラヴクラフトの長編「狂気の山脈にて」後の南極を舞台とするコズミックホラーゲームだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog