ゲーム兼勉強アプリ『マナビモ!アソベンジャー!』発表、本日よりオープンベータ実施。岡本吉起氏による「間違い」を当てる小中学生向けゲーム

株式会社でらゲーは本日5月23日、『マナビモ!アソベンジャー!』を発表しオープンベータテストを開始すると発表した。iOS/Android向けに基本プレイ無料アプリとして配信される。また本日よりすべての人々を対象としたオープンベータテストが開始されている。公式サイトにあるQRコードにアクセスすることで、いくつかのプロセスを経てゲームがプレイ可能になる。

『マナビモ!アソベンジャー!』では、クイズを解いてジェムを集め、さまざまなキャラクターを収集・育成しながらバトルを楽しめる。クイズの内容は、小学1年生から中学3年生の教科書に準拠しているといい、ゲームを遊ぶほど学校の勉強に必要な知識も自然に強化されていくことを狙っているそうだ。東京書籍や教育出版、三省堂などさまざまな出版社の教科書がベースとなっている(公式サイト)。

本作はクイズと獲得/育成、そしてバトルといくつかのパートに分かれているようで、たとえば繰り返しクイズで勉強することにより、新しいキャラクターを獲得・育成でき、バトルを有利に進められる。バトルは、属性の相性に応じたパーティ編成、4 体のキャラクターの位置取り、技の選択などの戦略を考えることで有利に戦えるシステムになっている。クイズでリソースをため、獲得と育成に励み、そしてバトルで駆け引きを楽しむ。このサイクルを繰り返すことで、ゲームとして楽しみながら知識の獲得を目指す。

興味深いのは、本作のクイズにおいて、「正解」ではなく「間違い」を学んでいくという点。まちがった回答をタップして、ただしい回答を残すというルールが採用されている。クイズでは、4つのうち1つが正解で、その正解を選ぶという形が一般的だが、本作はその逆。間違っているひとつを選べばいい。“わからない”と子供が躓く可能性を排し、正解することでモチベーションを高められる構造になっているだろう。

本作は、かつてカプコンに在籍しさまざまなゲームを監修したのち、紆余曲折を経て『モンスターストライク』を立ち上げてヒットさせた岡本吉起氏がプロデュースしている。開発元のでらゲーは、これまでにもCSR活動の一環として子ども食堂への支援を行っており、ゲーム制作と子供へとサポートを目指し『マナビモ!アソベンジャー!』が作られたそうだ。公式サイトを見ても、“親に嫌われないゲーム”を目指して開発されていることが垣間見えるだろう。ゲームは没入感の高さなどから、必ずしも保護者に好かれる存在ではないが、そうした課題を克服する試みが、どのように人々に受け入れられるかに注目したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog