サイコサスペンスADV『AI:ソムニウム ファイル』7月25日に発売決定。CERO「Z」タイトルとして販売へ

スパイク・チュンソフトは3月22日、『AI:ソムニウム ファイル』を7月25日に発売すると発表した。対応プラットフォームは既報どおりPlayStation 4/Nintendo Switch/PC(Steam)。価格はダウンロード版・パッケージ版ともに税別6800円。

スポンサーリンク

『AI:ソムニウム ファイル』は、『極限脱出』シリーズを手がけた打越鋼太郎氏が、ゲームおよびシナリオディレクションを担当する、サイコサスペンスアドベンチャーゲーム。舞台となるのは現代日本の東京だ。主人公となるのは、刑事の伊達鍵(ダテ カナメ)。「頭蓋骨から眼球が飛び出ている」という奇妙な殺人事件と遭遇するところから物語は始まる。伊達の左の目の色は黄色であるが、この目にはAIが搭載されているという。容疑者や証人が口を割らない場合には、この目を使い相手の“記憶の情景”を再現し、情報を抽出する。

今回公開された映像では、先日発表された、打越鋼太郎とスパイク・チュンソフトが共同でプロデュースするというアイドル、あせとんことA-setらしき少女が登場している。映像の冒頭では、クマの容姿をした謎の人物によって、この少女の身体を切断されるという衝撃的なシーンが映し出される。また映像の最後には「黙秘権ってやつですか。まるで犯人扱いですね。」とこぼしている。容疑者として拘束されたのだろうか。あせとんのアカウントでも、同様の切断映像が公開されている。ゲーム内のキャラと、先日と発表されたバーチャルアイドルはやはり関連していそうだ。

本作はCEROレーティングがZに指定されており、ビジュアル型のアドベンチャーゲームとしてはやや珍しい。極限脱出シリーズは、一番レーティング対象年齢が高い『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』でもCERO D。アドベンチャーゲームのCERO Zタイトルとしては、内容・ビジュアルともに一部過激な表現のある『真 流行り神』シリーズや『CHAOS;CHILD』シリーズがあげられる。このレーティングならば、前述したキャラクターの人体が切断されるような描写が、ほかにも出てくるのかもしれない。

『AI:ソムニウム ファイル』は、7月25日にPlayStation 4/Nintendo Switch/PC(Steam)向けに発売予定。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog