PS4/Nintendo Switch/PC向け耐繊アクション『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』7月25日に発売決定。満艦飾マコが無料DLCとして参戦

アークシステムワークスは3月20日、PlayStation 4/Nintendo Switch/PC向け耐繊(対戦)アクションゲーム『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』の最新情報を公開した。また、発売日が7月25日に決定したことも明かされている。本作は、人気アニメ「キルラキル」初のゲーム化作品で、アニメ版を手がけたTRIGGERの監修のもと、エープラスと協力して開発中だ。

本作は、原作アニメの質感を3Dセルルック技術により再現しながら、IFの物語を描く作品だ。主人公の纏流子や、本能字学園生徒会長の鬼龍院皐月をはじめ、おなじみのキャラクターたちが登場し、3Dフィールド内で対戦。複雑なコマンドを使わないシンプルな操作にて、ド派手なアクションや爽快なコンボを繰り出せるという。バトルでは、打撃・ガード・ブレイク攻撃が3すくみの関係にあり、さらに打撃は回避行動と回避読み攻撃との間での応用3すくみにて、プレイヤー同士の駆け引きを生む。また、愚弄・挑発・罵倒の3すくみでおこなわれる舌戦「血威表明縁絶」や、一撃必殺の「戦維喪失奥義」といった、原作アニメの特徴をゲームに落とし込んだ要素も用意される。

プレイアブルキャラクターには纏流子や鬼龍院皐月のほか、生徒会四天王である蟇郡苛・猿投山渦・犬牟田宝火・蛇崩乃音、針目縫、鬼龍院羅暁、そして纏流子と鬼龍院皐月の二刀流バージョンの10人がこれまで明かされていたが、今回「満艦飾マコ」と、「アルティメット・ダブル・ネイキッド・D・T・R」の参戦が発表された。この2キャラクターは無料DLCとして追加するとのこと。

また、本作の限定版である「人衣魅徹弩 撲枢(リミテッドボックス)」の特典内容も公開された。化粧箱には、原作アニメのキャラクターデザインを担当したすしお氏が描き下ろしたイラストを採用。その中にゲームソフトのほか、描き下ろしや背景ビジュアル、すしお氏が監修と加筆をおこなった3Dモデル資料などの制作資料を収録するオリジナルアートブック、ゲーム内楽曲を収録するオリジナルサウンドトラック、そして原作アニメに登場した満艦飾家特性「マコロッケ」を再現したスクイーズキーホルダーが同梱される。

また早期購入特典として、満艦飾マコのアクリルキーホルダーがプレゼントされる。喧嘩部特化型二つ星極制服姿のマコを、「キルラキル」公式グッズを手がけたイラストレーターのまご氏が描き下ろしたものだ。そのほか、販売店ごとの店舗特典も用意されているため、詳細は公式サイトを確認してほしい。

なお、3月23日、24日に東京で開催される「闘神祭2018-19」の全国決勝には、本作の試遊台が出展予定となっている。今回発表されたDLCキャラクターを除く10キャラクターがプレイアブルの最新バージョンが用意されるとのことで、興味のある方はアークシステムワークスブースを訪れてみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog