飛行船で騙し合い殺し合うステルス対戦ゲーム『Murderous Pursuits』Steam版が期間限定で無料配布中。最大8人の心理戦

インディースタジオBlazing Griffinが、現在Steamにて『Murderous Pursuits』を期間限定で無料配布中だ。配布は日本時間の10月30日火曜日の午前2時まで。Steamストアの「ゲームをインストール」ボタンを押しておけば、ゲームがライブラリに追加され、期間後も本作をプレイすることが可能だ。定価は2050円で、日本語にも対応している。

『Murderous Pursuits』は、ステルス型の対戦ゲームだ。プレイヤーは最大8人で、一般人に紛れて標的となるNPCおよびプレイヤーを暗殺することを目指す。ヴィクトリア朝時代の大型飛行船を舞台に、標的(賞金首)の暗殺を狙うわけだ。ただし、本作では標的の正体がはっきりと伝えられるわけではない。船内には見た目が同じプレイヤー/NPCが複数存在するため、外見だけでは判別することは難しい。画面上部に表示されるコンパスが、賞金首の階層と方角を指し示すので、それを手がかりに目星をつける。そして、正しい相手を静かに暗殺しポイントを稼ぐのだ。

一方で、プレイヤーは常に誰かの標的でもある。暗殺するためだけでなく、暗殺されないように隠密する必要もあるということだ。本作には露出度ゲージというものが存在し、目立つ行動を続けていると露出度ゲージがたまっていく。露出度ゲージがたまれば、自分の現在地が追手の画面に表示されてしまうのだ。飛行船内の各所にある白線に囲まれたエリアで立ち止まることで露出度ゲージを下げよう。標的をうまく追いかけながらも、NPCのように振る舞い、追手から嗅ぎつけられないことが求められる。

『Murderous Pursuits』は、今年4月に発売された新作だ。『The Ship: Murder Party』『The Ship: Remasterd』を手がけたスタッフが開発するということで、発売前後はそれなりの注目を集めていた。しかしプレイヤー数の確保には発売後から苦しんでおり、9月の同時接続数の平均人数は4.4人(SteamCharts)。今回の無料配布は、プレイヤーを増やすという明確な意図があるだろう。すでに10万人を超える同時接続数を記録しており、賑やかな殺人合戦がおこなわれている。この週末は、飛行船での騙し合いを楽しんでみてはいかがだろうか。

『Murderous Pursuits』は、Steam向けに10月30日午前2時まで、無料配布中だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog