『Apex Legends』大晩餐会アーケードイベント14日開幕へ。三人称視点モードを含む合計7種の期間限定モードが遊べる

Electronic Arts/Respawn Entertainmentは1月9日、『Apex Legends』の新たな期間限定イベント「大晩餐会アーケード」を発表した。開催期間は1月14日から1月28日まで。同期間中には、2日おきに異なる期間限定ゲームモードが遊べるようになる。過去に登場したゲームモードから、新しい三人称視点モードまで、合計7つの期間限定モードが大晩餐会アーケードの一部として遊べる。さらに新しい報酬トラックシステムでの報酬獲得や、アールデコにインスパイアされた限定装飾アイテムの購入が可能となる。

スポンサーリンク

2020年代の幕開けを告げる大型イベント。登場する期間限定ゲームモードは以下のとおり:

1月14日~1月15日:Gold Rush Duos
ゴールド武器のみスポーンするデュオモード。2人1組のデュオモードは、昨年11月に期間限定モードとして登場して以来。

1月16日~1月17日:LIVE.DIE.LIVE
安全エリア縮小のタイミングで、死亡したチームメイトが、生存中のチームメイト付近でリスポーンする。

1月18日~1月19日:Third-Person Mode
その名のとおり、三人称視点で遊ぶゲームモード。ちなみに昨年12月の時点で、トレーニングモードにて三人称視点に切り替えられるグリッチが発見されていた。

1月20日~1月21日:Always Be Closing
安全エリアが縮小し続けるゲームモード。

1月22日~1月23日:Armed and Dangerous on World’s Edge
シーズン3で追加されたワールドエッジマップにて、装甲が制限された状態で、ショットガンとスナイパーだけで戦うゲームモード。昨年9月に登場した「危険地帯(Armed and Dangerous)」の新マップ版と言えるだろう。

1月24日~1月25日:Kings Canyon After Dark
夜のキングスキャニオンで戦うゲームモード

1月26日~1月28日:DUMMIEs Big Day
内容は不明ながら、上のトレイラーではカラフルなダミーキャラクター同士で戦う様子が確認できる。

また新しい報酬トラックシステムでは、より多くの報酬を入手できるほか、報酬の入手方法も拡充される。チャレンジをプレイしてポイントを獲得し、ポイントの増加に合わせてさらに報酬が獲得できる仕組みであり、各期間限定モードにはそれぞれ3つの新チャレンジが追加(合計1000ポイント)。デイリーでプレイしなくても報酬を得られるのが特徴だ。最終報酬となるウェポンスキンを入手するには、合計5500ポイントが必要となる。なお、すべてのモードにチャレンジするとボーナス特典がもらえるという。

さらに日本時間1月18日午前3時から1月21日午前3時にかけてはボーナススコアウィークエンドが開催予定。合計で500ポイント相当が獲得できるとのこと。そのほかイベント情報が気になる方は公式サイトを確認しておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog