著者 By Naoya Ito

Naoya Ito

4 投稿 0 コメント
まだ知名度の低い、面白いインディーゲームを探す事が生き甲斐です。また、私自身もインディーゲームの開発が大好きです。