『CoD:MW』サバイバルモードPS4独占の波紋続く。ルートボックスの噂も混ざり、開発元はスタッフへの暴言を控えるよう呼びかけ

Call of Duty Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)』のゲームモードのひとつ「スペシャルオプス」にてプレイできる「サバイバルモード」が、PS4版のおよそ1年間の時限独占コンテンツとなることが先日判明したが、これをきっかけに一部のファンの不満が増幅する流れとなっているようだ。

まず経緯を振り返ると、『コール オブ デューティ』シリーズとして初めてクロスプレイに対応する本作では、マルチプレイのマップやゲームモード、スペシャルオプスのミッションなどの追加コンテンツの“ほとんど”は、全プラットフォームに同時配信予定だと発表された。またシーズンパスを廃止したこともあり、無料で提供される。販売元Activisionは、すべてのプレイヤーがシームレスに一緒にプレイできるようにするためであると、この施策の狙いを語っていたが、そのすぐ後にサバイバルモードの時限独占が明らかになった形である。

スポンサーリンク

『コール オブ デューティ』シリーズでは、かつてはマイクロソフトが、現在はSIEがプロモーション契約により時限独占コンテンツを得てきた。本作のベータテストにおいても、PS4版先行で実施されたことは記憶に新しい。そのため多くのファンにとって時限独占は、いつものことという認識だろう。

ただ、本シリーズにおいては異例とも言える、1年間という長すぎる独占期間にはさすがに不満が噴出。その背景には、『コール オブ デューティ』シリーズはデベロッパーをローテーションさせて毎年新作を発売しているということがある。1年後にサバイバルモードが提供されても、プレイヤーの興味は発売直前の次の作品に移っているであろうことは想像に難くない。結果的に価値の下がったコンテンツをPC/Xbox One版プレイヤーに提供する形になり、ファンを軽視しているなどの厳しい声が上がった。

そうした不満の声に対してInfinity WardのナラティブデザイナーTaylor Kurosaki氏は、時限独占は同スタジオが関与し得ないところで決定されたことだとし、本作の販売元であり親会社でもあるActivisionによる判断であることを示唆した上で、サバイバルモードはゲーム全体の1パーセントの要素に過ぎないとコメント(のちに当該ツイートを削除した)。さらに、これ以外に時限独占コンテンツは存在しないとファンに確約した。また、シニアコミュニケーションマネジャーのAshton Williams氏はRedditにて、発売初日からサバイバルモードをプレイできないことについて不満を感じている人がいることは理解していると述べる。ただ開発元としては、シリーズの中でベストであるとファンに思ってもらえる作品にするべく、本作のために必死で働いていると説明した。

Infinity Wardは、ファンの声は開発元に届いていることを示し、それに対して丁寧に説明をおこなった形である。しかし皮肉にも、これによってファンの不満は別のテーマにも飛び火することとなった。

本作のベータテスト時のことだが、プレイヤーが特定の条件に達すると、アンロックしたアイテムの項目にルートボックスである「サプライドロップ」の表示が現れたという。ルートボックスについては各国にて規制する動きがあり、またゲーマーからの否定的な意見は根強く、最近ではルートボックスを排除する作品も出てきている。しかし、『コール オブ デューティ』シリーズでは引き続き採用することが濃厚になった。

そして、本作のリーク情報を扱っていることで知られる人気YouTuberのTheGamingRevolution氏は9月25日、本作のサプライドロップはコスメアイテムに限定されたものではなく、武器を入手することもできるとツイートした。同氏は、本作ではもともとInfinity Wardの前作『Call of Duty: Infinite Warfare』にあったサルベージを利用したフェアなシステムを用意していたがボツにされたと、その背景を語っている。

本作のサプライドロップについてはまだ公式発表されていないため、これは噂の域を出ない。ただ、同氏のリーク情報には一定の信頼が寄せられていることから、批判する意見や噂の真相を求める声がInfinity Wardには連日寄せられている。サプライドロップがコスメアイテムに限定したものではなく、武器をも入手できるとなればPay-to-Winに繋がるのではという懸念があるためだ。しかしInfinity Wardは、サバイバルモードの時限独占への批判については丁寧に説明した一方で、サプライドロップに関してはこれまで何も反応していない。これがファンには不満だったようで、先述のAshton Williams氏の投稿などには厳しい意見が寄せられている。

そうしたなか、Infinity WardのアートディレクターJoel Emslie氏は9月26日、Redditにてファンに向けて声明を発表した。Emslie氏は、コミュニティの意見やフィードバックをゲームに反映させるための開発プロセスの一部として、Redditのようなパブリックなフォーラムは毎日チェックしているとのこと。しかし、サバイバルモードの時限独占が明らかになって以降、同氏に対しては誹謗中傷ともいうべき非常にダークで気分を害する(ultra dark toxic)コメントが寄せられているという。Emslie氏は、ゲームに対して何か怒りを感じ、毒づけば聞き入れてもらえると考える気持ちは分かるが、開発スタッフも人間であるため、建設的な議論ができるよう言葉を選んでほしいと呼びかけた。

ゲーマーが開発者に怒りの矛先を向ける行為は、これまでにも幾度と見られる。最近では、『Apex Legends』のイベントパック「アイアンクラウン」の仕様を巡り、開発元Respawn Entertainmentのスタッフに暴言を吐くゲーマーが現れ、ついには開発者が挑発に乗って言い返してしまい、謝罪する結果に(関連記事)。ただ、Emslie氏が言うように、開発者を罵ったところで不満の根元が取り除かれるわけではないのは明らかだろう。なにより、時限独占やルートボックスのようなマネタイズに関わる仕組みに関しては、開発元というより販売元の意向が働いているはず。Emslie氏の投稿への返信でも、デベロッパーであるInfinity Wardに対しては不満はないと述べる意見が多くの支持を得ており、冷静なファンも少なくないようだ。

前出のAshton Williams氏によると、10月8日に本作のスペシャルオプスの詳細を披露する予定とのこと。おそらく、ここではサバイバルモードについても言及されるだろう。そしてJoel Emslie氏は、先述のYouTuberのことを指してか、十分な情報を持っていない名を上げたいだけの人物の噂話ではなく、公式発表される事実に注目してほしいとコメント。サプライドロップについても、いずれ何らかの発表がありそうだ。『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』は、PC/PlayStation 4/Xbox One向けに10月25日に発売される。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog