『Apex Legends』ルートボックス批判を受けて開発元が謝罪。だがユーザーに対する乱暴な発言が続き、問題をエスカレートさせてしまう

Apex Legends』にて8月14日に開幕した「アイアンクラウン コレクションイベント」。目玉となる期間限定ソロモードにて開幕早々チーミング報告が大量に寄せられる一方、海外では新たに実装されたルートボックスの価格と仕組みに批判が集まっている(関連記事)。そしてメディアやコミュニティからの指摘を受けて、開発元のRespawn Entertainmentは8月17日、プレイヤーの期待を裏切ってしまったと謝罪文を掲載した。しかしながら批判の声はおさまらず。こらえきれなかったプロジェクト・リードとコミュニティ・マネージャーが、プレイヤーを「クソ野郎」「無課金勢」と呼ぶ乱暴な発言を繰り返す事態にまで至ってしまった。

イベント期間限定のコレクションイベントパック「アイアンクラウン」は、「期間限定・重複なし・スーパーレア以上確定」のルートボックスであり、1個700Apexコイン(約700円)で販売されている。このイベントパックについては、主に3つの点が問題視されていた。通常Apexパックの7倍という高価格、わずか2個という無償取得可能個数、そして全24種の提供アイテムを揃えると別アイテムの「購入権」を得られるという2段階の課金構造である。

こうした指摘を受けて、『Apex Legends』のプロジェクト・リードであるDrew McCoy氏は公式ブログを更新。プレイヤーのお金を絞り取ることは目標としていないと強調した。今回のアイアンクラウンや、シーズン1のレジェンダリーハントといったイベントは、無料コンテンツの制作を続けるために必要なのだと説明しつつ、公平かつお金と時間の使い方についてプレイヤーに選択肢を与えるようなマネタイズを心掛けるという、ゲームローンチ時の約束を破ってしまったと謝罪した。

たしかにイベントパックの入手方法はほぼ「ルートボックスの購入」の一択のみなので、プレイヤーに選択肢はない。そこで改善策として、本イベント中にアイテムの入手方法を増やすことを発表した。具体的には、イベントパックから提供されるレジェンダリーアイテム12種を、8月20日以降ゲーム内アイテムショップにて直販売するという(価格は通常のレジェンダリースキンと同じ1800Apexコイン)。販売スケジュールは以下の画像のとおり。

今後のイベント開催時には、ルートボックスの購入以外のアイテム入手方法を設けるよう考慮するとのことだ。またMcCoy氏は今回の騒動の教訓として、イベント構造をもっと上手に、そして明確にプレイヤーに伝えていかなければいけないと語っている。たしかに今回のイベントは、(特にマネタイズ面で)始まってから明らかになった仕様が多く、誤った期待を抱かせないように情報発信していく必要はあるだろう。

結果的に無償取得個数は増えないものの、欲しいアイテムを直購入できるようになるという、ひとまずの妥協点。そう思いきや、コミュニティの怒りは収束しなかった。McCoy氏の文章はredditにも投稿されたのだが、批判的なコメントはやまず、ついには開発者がコミュニティに向けて攻撃的な発言を残すように。当然、火に油を注ぐ形でreddit上での言い争いが広まっていってしまった。

Image taken via Medium

プロジェクト・リードであるMcCoy氏(ユーザー名dko5)は、「プレイヤーが完全なクソ野郎ばかりではなく、開発者に対して礼儀正しかった時代が懐かしいよ」「あなたたちのほとんどは無課金勢だから、アイテムの価格を変えたって効果はない」といった挑発的なコメントを残していた。ここまでなら開発者ひとりの暴走として処理できそうだが(それでもプロジェクト・リードの発言として問題だが)、コミュニティの窓口役であるコミュニティ・マネージャーのJay Frechette氏まで「私たちの謝罪に対して、嘘つきと糾弾したり個人攻撃をしかけたりするのは問題ないのに、私たちがそれを指摘するのは“未熟”だって?そうかい、わかったよ」と乗っかってしまった(Benjamin Wareing氏のMedium投稿でもスクリーンショットが残されている)。

またMcCoy氏の文章に対するユーザーからの「つまり、廃課金勢(Whale)が無課金勢分をカバーするだけのApexパックを購入しなかったから、プレイヤーに善意でお金をつぎ込んでもらえるよう手を打ったということですね」というコメントにFrechette氏は、「君は読解力をなんとかした方がいいよ」と回答した(reddit)。膨大な量の誹謗中傷に思わずカッとなってしまったのだろう。ただ一企業の顔としてはプロ意識に欠ける回答であり、ユーザーからはFrechette氏の気持ちに理解を示しつつ「熱くなるのはよくないよ」「仕事を失いたくなければ、発言を控えるべきだ」と指摘されている。

McCoy氏も、最初から攻撃的なスタンスを取っていたわけではない。はじめのうちは、開発陣の意図を伝えようと、ユーザーのコメントに真摯に答えていた。Respawnを「金の亡者」と捉えるコメントには特に心を痛めていたようで、良心的なF2Pゲームとして運営するよう最善を尽くしていること、アイアンクラウンイベントはすでに成功をおさめていること。そしてストアでの直販売を行うという今回の判断は、収益が減る可能性が高いと理解した上で、自らの過ちを認め、正しい行動を取るために下したこと。ひとつひとつ丁寧に説明していたのだが、途中から言葉づかいが乱れていってしまった。

ゲームを巡り何か問題が起きると、ユーザーが開発者に大量の誹謗中傷メッセージを送り始めるという由々しき傾向は、今に始まったことではない。だが今回のRespawnの対応に関しては、悪手に悪手を重ねてしまったと言わざるを得ない。Respawnとしても、そして販売元のElectronic Artsとしても、このままやり過ごすわけにはいかないだろう。次なる一手が待たれる。

【UPDATE 2019/08/20 14:40】
一連の騒動を受けて、Respawn EntertainmentのCEO Vince Zampella氏が自身のTwitterアカウントを通じて謝罪文を公開した。

「金曜日に『Apex Legends』のファンに向けてアイアンクラウンイベントをどう変えていくのか発表したところ、チームの何人かがredditでの議論に参加し、良からぬ結果を招いてしまいました。Respawnメンバーの何人かは、一線を超えるコメントを残してしまいました。それらはスタジオを代表する言葉として適切ではありません。

こうした発言により気分を害してしまったファンの皆様にお詫び申し上げます。私は常に、Respawnのチームメンバーに向けられる、有害で汚いコメントに対し、メンバーたちが自身の意見を発信していく姿勢をサポートしています。有害なコメントには、開発者やその家族、愛する者たちに対する殺害予告まで、あらゆるものが含まれます。しかしながら、私たちが発言する際には、そうした有害な文化に寄与すべきではありません。

私たちは手本を示すことでコミュニティを導かねばなりません。先週はそれを怠りましたが、今後は改善していきます。コミュニティとオープンかつ健全な関係性を持つことは、Respawnにいる全員にとって、とても大切なことなのです」

 

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog