『モンスターハンターライズ:サンブレイク』最新アプデで登場した『フロンティア』の復刻要素が話題を集める。ナルガ希少種がもたらす思わぬサプライズ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

カプコンは8月10日、『モンスターハンターライズ:サンブレイク』に向けて無料タイトルアップデート第1弾を配信開始した。本アップデートでは4種類のモンスターが新たに参戦。追加モンスターの1体であるナルガクルガ希少種の防具スキルが、とある理由からSNSで注目を集めている。


『モンスターハンターライズ:サンブレイク』(以下、サンブレイク)では、従来のシリーズと同じく防具の部位ごとに装備スキルが存在。揃えたスキルレベルに応じて効果が発動する、『モンスターハンターワールド』と同様のシステムが採用されている。スキルの種類は、従来のシリーズでもお馴染みのスキルから、『サンブレイク』から登場した新スキルまでさまざまだ。

そして無料タイトルアップデート第1弾では、追加モンスターの防具に新たな装備スキルが登場した。中でもナルガクルガ希少種の防具に付与されたスキルは、とある理由からユーザーたちの注目を集めている。


ナルガクルガ希少種の防具である月光シリーズに付与されているのは巧撃スキルだ。回避時にタイミングよくモンスターの攻撃が重なると、一定時間攻撃力が上がるという効果をもつ。特に腕装備である月光【手甲】は巧撃にくわえて、相性の良い回避性能スキルも備えている。火力と生存を併せ持つ使いやすい装備となりそうだ。

一方でこの巧撃スキルには、性能のほかにも注目されている部分がある。実は本スキルは、『モンスターハンターフロンティア』(以下、フロンティア)より復刻したスキルなのだ。今と同様に、モンスターの攻撃を回避することで、一定時間攻撃力が上昇する、という効果をもつスキルであった。


なお、『フロンティア』はスキルがポイント制となっていたころのタイトルだ。15ポイントを揃えることで、巧撃スキルは発動していた。また、効果についても『フロンティア』仕様で、攻撃力の上昇幅は非常に高かった。極み吼えるジンオウガなど、連続攻撃を多用してくるモンスターに対しては、特に有効なスキルとなっていた。

今回のアップデートでは、そんな巧撃スキルが『サンブレイク』にあわせて調整され、復刻したわけだ。Twitterで「フロンティア」と検索してみると、当時の『フロンティア』のハンターたちが本スキルとの思わぬ再開を喜ぶ様子が散見される(記事執筆時点)。なお、『サンブレイク』には棘竜エスピナスやアスールシリーズが登場しており、巧撃スキルは3つ目の『フロンティア』要素となる。

『フロンティア』は、今までメインのシリーズとは別の世界観のもと成立していたタイトルだ(関連記事)。一方、『サンブレイク』においては、すでに『フロンティア』からの復刻要素がいくつも見られる。『サンブレイク』では以前の世界観の壁が取り去られ、積極的に『フロンティア』要素を登場させるつもりなのかもしれない。今後のサプライズ復刻も楽しみにしたいところだ。

【UPDATE 2022/8/10 18:13】
『フロンティア』からの復刻要素に関する記述を修正


『モンスターハンターライズ:サンブレイク』無料タイトルアップデート第1弾は、本日よりNintendo Switch/PC(Steam)に向けて配信中だ。ナルガクルガ希少種のほか、紅蓮滾るバゼルギウス、リオレイア希少種、リオレウス希少種が新たに追加。また新たな高難度コンテンツとして、傀異討究クエストなどが追加されている。厳しさを増す戦いでは、巧撃スキルが役立ってくれるかもしれない。



※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る