『クトゥルフ神話TRPG』ルールブックがiOSアプリ化。分厚い書籍をまとめて管理、どこでも手軽にSAN値削り

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

KADOKAWAは7月27日、『クトゥルフ神話TRPG』のルールブックアプリ「クトゥルフ神話TRPG ルールブックPLUS(仮)」を2022年内にリリースすることを発表した。対応OSはiOS。価格は無料で、アプリ内課金が存在するようだ。

『クトゥルフ神話TRPG』は、宇宙的恐怖を描くH.P.ラヴクラフトの創作神話「クトゥルフ神話」の世界を舞台としたTRPGだ。プレイヤーは「探索者」と呼ばれるキャラクターを作成し、ステータスや技能を設定。神話生物にまつわるさまざまな事件に遭遇し、ときには「SAN値」を削って狂気に陥りながら解決を目指す。動画サイトでの流行やオンラインセッションの普及によってプレイ人口を増やし、日本国内で特に人気の高いTRPGのひとつである。

「クトゥルフ神話TRPG ルールブックPLUS(仮)」は、KADOKAWAが出版する『クトゥルフ神話TRPG』のルールブックや各種ソースブックを1つにまとめたうえで、検索やメモ機能などの便利機能も搭載したものだ。一般的な電子書籍よりも使い勝手の良いアプリとして目下開発中とのこと。詳細は不明だが、電子書籍リーダーをTRPG向けに機能特化したようなアプリになるのかもしれない。

『クトゥルフ神話TRPG』のルールブックは2019年12月に発売された「第7版」が最新版だが、対応シナリオの関係から「第6版」を使用するセッションも少なくない。今回リリースされるアプリで閲覧できるルールブックがどの版のものとなるかは不明である。また、本アプリは無料で配信されるが、アプリ内課金が存在するとのこと。既存の書籍を購入し、アプリ内で閲覧できる形式となるのかもしれない。

「クトゥルフ神話TRPG ルールブックPLUS(仮)」は2022年内にリリース予定だ。詳細については『クトゥルフ神話TRPG』公式サイトや、公式Twitterアカウントをご参照いただきたい。



※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る