映画「ソニック・ザ・ムービー」北米で絶好調スタート。高評価が集まり、「名探偵ピカチュウ」を上回る勢い

主役であるソニックのCGモデルのデザインが物議を醸し、デザインの変更にともなって公開が延期されるなど、たびたびファンの注目を集めてきた映画「ソニック・ザ・ムービー」が2月14日、ついに北米など海外で公開され、好調なスタートをきった。北米では興行収入が公開から3日間でおよそ5700万ドル(約62億円)に達し、昨年ヒットした「名探偵ピカチュウ」公開3日間の5430万ドルを上回ったと、DEADLINEなどが報じている。

画像左が新デザイン、画像右が旧デザイン

セガのアクションゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画化にあたっての道のりは、決して平坦ではなかった。 当初発表された主人公ソニックのキャラクターデザインは、ファンが慣れ親しんでいるオリジナルのソニックの印象と大きく異なっていたため、話題を呼んだ。脚が筋肉質すぎることや、歯がリアルな人間のようであること、手袋をしていないのに手だけが白くなっていることなど、キャラクターの魅力を表現できているとは言い難いものであった。否定的な意見が多くを占め、ソニックの生みの親のひとりである中裕司氏もデザインに対して意見を述べるなど、本作に対する不安や批判の声が相次いだ。それらを受けて、本作はデザイン変更に踏みきり、ソニックのCGモデルデザインを一新。当初公開を予定していた2019年11月からおよそ3ヶ月延期されたのちの公開となった。

紆余曲折を経てついに一部地域にて上映開始した「ソニック・ザ・ムービー」公開初日の興行収入は、およそ2100万ドル(約23億円)。公開から3日間で5700万ドル(約62億円)、4日間で6800万ドル(約74億円)以上に達すると見込まれている。昨年、映画「トゥームレイダー」の記録を破り、ビデオゲームを原作とする映画において、公開から3日間の興行収入トップに躍り出た「名探偵ピカチュウ」の5430万ドル(約60億円)を上回る勢いだ。

肯定的なレビューが占める割合を「トマトの新鮮さ」で表して作品を評価するRotten Tomatoesでの本作の評価は、映画批評家による肯定的レビューが60%以上であることを示す「新鮮」。一般人によるレビューでは最大値が5のうち平均値が4.57と、好評だ(いずれも本稿執筆時点による)。また、アメリカでは2月の第3月曜日は「大統領誕生日」という祝日にあたる。動員数が予想以上に伸びる可能性もあることを考えると、見込み以上の興行収入を記録することも考えられる。

また 世界での公開3日間の興行収入はおよそ1億ドルとされている。ゲームを原作とした映画において世界の興行収入トップの「Warcraft」が1億1910万ドル(多くの観客を集めた中国での前売り情報などを除く)、2位の「名探偵ピカチュウ」が1億5730万ドルである。北米での勢いには及ばないが、「ソニック・ザ・ムービー」は世界的な視点でも良いスタートをきったと言えるだろう。

ファンの声を作品に反映し、キャラクターが持つイメージを見つめ直した「ソニック・ザ・ムービー」。昨年ヒットした「名探偵ピカチュウ」は、レジェンダリー・ピクチャーズと株式会社ポケモンが連携して行ったクオリティ・コントロール(関連記事)によって、原作のイメージを大切にした作品となった。また、映画化される『アンチャーテッド』について、主演のトム・ホランド氏が「ゲーム中で今まで語られることがなかった“起源”」を描くものになることをIGNのインタビューで語り、元となるゲームをリスペクトしたストーリーを目指していることがわかった。増加の兆しを感じる「ゲームを原作とする映画」。ファンがオリジナルのゲームに対して抱くイメージに寄り添うことが、ヒットの鍵となるかもしれない。

「ソニック・ザ・ムービー」は、日本では3月27日に公開予定。まだ少し先にはなるが、紆余曲折を経て生まれ変わったソニックの姿を見に、映画館に足を運んでみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog