13歳の少年が『フォートナイト』実況でがむしゃらに寄付を募り続ける。すべては、がんで苦しむ父親のため

今月7月に入ってから、Twitchで『フォートナイト』をプレイする少年が注目を集めている。長時間配信しており、多額の資金を獲得しているからだ。睡眠など私生活を公開してまで配信しているこの少年は、どうやら「父親の治療費」を得るために必死に『フォートナイト』の実況をおこなっているようだ。Daily Esportsなどが詳細を報じている。

スポンサーリンク

ゲーム配信者ZylTVくんは、13歳の少年である。この幼さを見せる少年の父は、2018年9月14日に直腸がんステージ3だと診断されたという。がんは徐々に悪化し肺と肝臓に転移したようで、ステージ4に進行したという。ご存知の方も多いと思うが、ステージ4はもっともがんが進行した状態である。

父親は化学療法を受けているが、この治療をやめると1年で死に至り、3年治療を続けても生存率は20%であると医師に診断されたという。厳しい状況にあるが、ZylTVくんはどんな形でも可能な限り生きていてほしいと願う。すべてのお金をなげうってでも、長生きしてほしいと願っているのだ。父を愛する家族のひとりとしてできることを考えた結果、思いついたのが、『フォートナイト』実況による募金であった。

7月に入り、来る日も来る日も『フォートナイト』を遊ぶZylTV少年の形相は、こわばっている。時に笑顔を見せるものの、ゲームに向かう時の形相は必死という表現がふさわしい。キルをしても、ビクトリーロイヤルをしても大きくは喜ばない。勝率は高くなく、特別に腕が立つというわけではない。しかしながら、そんな少年のプレイに多くの人々が魅了されており、フォロワーは2万5000人を超えている。少年の頑張りに比例して募金の額も伸び続けており、目標額である5000カナダドルを突破し、1万5000カナダドル(120万円)以上が集まっている。

ZylTV少年は寄付をしてくれた人々だけでなくら映像視聴やフォローをする人々に重ねて感謝しており、映像が貼られたredditのスレッドにも現れて「サポートしてくれたみなさん、ありがとうございます。redditの使い方はわかりませんが、10万再生してもらえて、とても心温まります」と丁重に御礼の言葉を述べている。見た目こそ13歳らしい幼さがあるが、聡明で分別ができる知性もまた、少年が人を惹き付ける魅力なのだろう。7200カナダドルが集まった時点で父親がTwitchの配信に登場。現在の状態は厳しく、動くこともままならないという。しかし、多額の寄付に感謝し、がんと戦っていくことを誓っていた。

父ががんであるというのは嘘で配信が単なるお金儲けと穿った見方をすることもできる。しかしながら、この異常な配信ペースと少年の座った目を見れば、何かのために配信していると信じるユーザーがほとんどだ。FaZeのMegga氏やMisfits Clix氏といったプロプレイヤーも少年を支持し、寄付や寄付の呼びかけをしている。ハイペースで寄付されていることにZylTV少年も喜びを示しており、「パパの人生が変わるかもしれない」「僕とパパはこのことを一生忘れないだろう」とコメント。多額の資金を得たことで、治療も兼ねての日光を浴びるためのバケーションができるかもしれないと期待を寄せている。

メーカーに認められず著作権的にも整備されていないことで、かつてグレー扱いされていたゲーム実況は今や市民権を得ており、スピードランの祭典「Summer Games Done Quick」では、3億円を超える寄付がよせられ、全額が国境なき医師団へと送られた。ゲームを介して社会貢献が実現される時代である。一方で『フォートナイト』は幼いプレイヤーにも親しまれており、先日弊誌でも15歳のプレイヤーが母親のために家を買うためにプロゲーマーに転身したことを報じた(関連記事)。人々の絆をつなぎ得るゲーム実況と『フォートナイト』の人気が合わさった結果、今回のように“頑張る”ことで家族の治療費が支援されるというケースが生まれたのだろう。

2万カナダドルをも超えようとしているZylTVくんの募金は、どこまで伸び続け、そして少年はいつまで頑張り続けるのだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog