塗って塗られて塗り替えす、ローグライクシューティングゲーム『 地獄調査官 樹神妖子』プレイレポート【デジゲー博 2018】

今月11月4日、秋葉原UDXにて開催された、同人・インディーゲームの祭典「デジゲー博 2018」。会場内ではさまざまな作品が制作者の熱い想いと共に軒を連ねていたが、その中でも特に筆者の琴線に触れたゲームを紹介していきたいと思う。

今回紹介するのは、ノーマナ・インタラクティブが現在制作中のシューティングゲーム、『地獄調査官 樹神妖子(コダマヨーコ)』だ。

スポンサーリンク

本作はローグライクなダンジョン探索と、ステージ見下ろし型のツインスティックシステム(左スティックでキャラクターを操作し,右スティックで360度方向に照準を向けられるゲームシステム)を組み合わせたシューティングゲーム。主人公である「樹神妖子」は、”地獄調査官”の肩書通り地獄に起きた異変を解決するため、武器を片手に奥深いダンジョンに潜り進む事となる。

ローグライクとシューティングゲームをかけ合わせたタイトルは、Developer Digitalがリリースした『Enter the Gungeon』など、既にさまざまな作品が世に出ており別段珍しいものではない。しかし、『地獄調査官 樹神妖子(コダマヨーコ)』が数ある作品の中に埋もれることなく光輝いているのは、制作者いわく『Splatoon(スプラトゥーン)』から着想を得たという「陣取り」に似た特徴的なシステムにある。

プレイヤーは敵に対して銃弾を発射すると、敵に命中するか否かに関わらず、着弾点を青く「塗る」ことができる。塗られた場所は敵に塗りかえされない限りそのままの状態となり、敵がその場所の上に乗ると与えるダメージが若干上乗せされたり、動きが遅くなったりと、プレイヤーが戦闘を有利に運ぶことのできる弱体化効果が得られる。

逆に敵もプレイヤーの行動を阻害するべく、さまざまな手段を持ってフィールドを赤く染めようと攻撃を仕掛けてくる。小さな玉を撃ってくる敵や、こちらにむけて一直線に進んでくる敵もいる。

プレイヤーが敵によって塗られた床に乗ると、体力とは別に、画面左上にある「穢」のゲージが溜まってしまい、これが100%に達するとGAME OVERになってしまう。このゲージはダンジョンを攻略し終えるまでリセットされることはなく、特殊な手段でしか減らすことはできないと制作者は語っていた。敵から受けるダメージも結構痛いもので、床や穢ゲージばかりに気を配っているとたちまちやられてしまう。

また、戦闘を拡張するシステムとしてプレイヤー側には「召喚」スキルが設定されており、通常の攻撃とは別の手段でもって、戦況を有利に運ぶことができる。筆者が会場で遊んだ試遊版では、「一定時間の間、自キャラの周囲を塗り続けてくれる雨雲を召喚する」スキルを使用することが出来た。プレイヤーが使用できる武器に関しても複数種存在し、試遊版で使用できた連射できる”マシンガン”タイプの銃の他、溜めてから撃てる”チャージショット”タイプの銃などの実装が予定されている。ちなみに武器の付替えに関しては、冒険の拠点となる場所で行うことができるそうだ。

プレイヤーと敵、お互いがお互いを倒すだけではない、床の塗り合いを中心とした有利不利が刻々と変化する攻防のシステムは他に類を観ない斬新なもの。その場その場の状況に対応するだけではなく、召喚スキルの使いどころなど今後の冒険のことを考えながら敵と戦闘を行う必要があるのもポイントだ。

本作の対応プラットフォームはPC(Steam/itch.io)を予定しており、来年発売を目処にまだまだ開発を進めているとのことだった。今後のブラッシュアップが楽しみな作品の1つである。本作に関する概要、情報は制作者のひとりであるMachida氏のTwitterのほか、Itch.ioのページより確認することができる。気になった方は要チェックだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog